保険 結婚生活

保険の更新

保険の更新

保険の更新時に保険料を抑えるテクニック

 

長い期間の保険を検討しよう

保険の中には一定期間だけ保障される商品も多いです。通常のこのような有期間の保険の場合、期間満了すればその契約は失効します。しかし中には更新できる商品もあり、更新手続きをすれば引き続き保障を受けられます。なお、特に生命保険に見られますが、契約更新すると保険料が上がってしまうケースもありますから注意しましょう。

 

もし長期的な保障を受けたいと思っているのなら、更新する必要のない先の長い保険を購入することが大事です。35歳くらいで加入して65歳くらいまでの保障で8000円程度で加入できる保険はたくさんあります。このような保険であれば、保険料が値上がりする心配をする必要もありませんし、更新手続きの煩わしさに悩まされることもありません。保険に加入する際には、どのくらいの期間保障を受けるべきなのかをまず想定しておいた方がいいでしょう。

 

必要保障額を下げる

保障が手厚くなればなるほど、保険料は高くなります。そこで更新手続きするたびに、保険の見直しをしてみるといいでしょう。契約した段階では必要な保障をすべて付けたと思っていても、時代の経過とともに必要ない保障が付いている可能性があります。見直しの時に必要ない保障を外せば、保険料を安くできます。

 

例えば子供のいる家庭で、生命保険に加入していたとします。子どもの生活費や教育費のために、小さいころはそれなりに手厚い保障内容にしている人も多いでしょう。しかし子供が成長していくとともに、必要になる教育費や生活費は少なくなります。つまり必要保障額を少なくしても、問題ないわけです。生命保険の更新のタイミングで、子供が独立するまでにどの程度の費用がかかるかを計算し直してみましょう。そしてその額に見合った保険金に設定すれば、保険料の節約もできます。もし自分で計算するのが面倒であれば、保険の窓口のようなところでファイナンシャルマネージャーに相談してみると良いでしょう。

-保険, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.