終活準備 冠婚葬祭

葬式で小さな規模にしたければ事前調査すること

葬式で小さな規模にしたければ事前調査すること

葬式の費用の規模は参列者の数と葬儀業者のプランとそれ以外に必要なお布施や火葬費用によって左右されます。

そのため費用として小さな規模にしたければ、参列者の数を制限したり、業者選びやお葬式のプランを変更したりなどの事前調査対策が必要とされます。


葬儀の費用はプランによって値段が異なる

まず葬儀の費用はお葬式の業者のプランによって値段が異なることになっています。そのプランはこれまで一般的だった一般葬、最近世間で認知度が高まり普及しつつある、近親者だけで行うとする家族葬がその代表となっています。

さらに一部の業者ではこれ以外にさらに小さな規模にするため、余計な儀式や飾りを極限まで省いた火葬だけを行う直葬というプランも用意されています。なお同じ一般葬や家族葬でも祭壇に飾るお花などアイテムの増減により、さらに複数のプランと値段に細分化されて用意されてる場合があります。その葬儀の費用では一般葬、家族葬、直葬の順に安くなっていきます。

葬儀の費用はプランプラス参列者の数によって変化

しかしその葬儀の費用はプランだけの費用ですべてではありません。そのお葬式は参列者の数によって変化することになるからです。参列者の数によって変化する要因の1つは接待費の数が上乗せされるからです。その接待費では最初にお料理を人数分用意しなければなりません。

このお料理の数は内容次第ですが、告別式の日とお通夜の日の両方を考慮しなければなりません。そしてもう1つは香典返しという返礼品の数となります。このお料理の数は基本的に近親者の数を用意となり、近所の人など一般参加してる人の分までは考慮は基本必要としません。

返礼品の数は基本は近親者の分だけを用意ですが、一般参列者に対して簡易的な品を用意する場合もあります。

最終的な費用はお寺と火葬場の費用がプラスされる

最終的に葬儀の費用はプランと参列者の数だけではなく、他なる必要な存在により決まることになります。そのほかなる存在で絶対に欠かせない1つはお寺の費用となります。このお寺の費用は住職さんが読経するためですが、他に故人に対する戒名の分も含まれています。

また読経ではお通夜では1人が多いですが、告別式の日では2人や3人になる場合があります。そしてもう1つが火葬場となります。火葬場のお寺さんも全国一律ではなく、それぞれに費用が異なります。また火葬場は住民票がある地域の人とそうでない人では格差が設けられてる場合が多くなっています。

まとめ

お葬式の費用は葬儀業者が用意しているプランだけで完結しないことに注意をしなければなりません。なぜなら他に必要な費用として、参列者の数のお料理や返礼品の分と、さらにお寺さんや火葬場を利用するための費用がプラスされるからです。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.