終活準備 冠婚葬祭

お通夜と告別式の進行の方法

お通夜と告別式の進行の方法

大切な家族の1人が亡くなると遺族は深い悲しみの中にいますが、悲しんでばかりはいられず、お通夜や、告別式などを進行するために、数多くの段取りを整える必要があります。葬儀社のサポートを受け効率よく進める必要があります。

 

 

時代に伴いお通夜の内容は変化している

葬儀とは、2日間に亘り執り行われる故人との、お別れをする儀式になります。お通夜を1日目に執り行い、告別式を2日目に執り行います。お通夜はかつては、遺族や、親族、親しくしていた友人などが、ローソクや、線香の火を絶やさずに、故人と一緒に夜明けまで過ごすことによって故人とお別れをする儀式でした。しかし、お通夜の内容は時代により変わっていき、近所の方や、仕事関係の方も弔問しやすい、午後6時から午後7時ぐらいからお坊さんがお経をあげ始めるようになってきています。今はお焼香と通夜振る舞いでお開きとなる半通夜が主流となっています

お通夜を進行していく方法について

お通夜と、告別式の場所や、日時が決定したら、参列者の名簿を作り連絡します。そして、供花の配列を指示して、確認します。次にお焼香をする順番と、席次を確認し、会葬返礼品や、会葬礼状の内容も確認します。そして、お坊さんに挨拶をして、お布施を渡します。お通夜が始める30分前に受付を開始し、喪主と遺族は、お通夜が始まる15分前に席について、お坊さんを待ちます。お通夜では、まずお坊さんが入場し、お経をあげ、喪主、遺族、親族、一般弔問客がお焼香をします。喪主は挨拶を手短に済ませ、通夜振る舞いの締めの挨拶で告別式の案内をして終ります。

告別式を進行していく方法について

告別式の日に喪主は、葬儀社と改めて内容を打ち合わせします。そして、弔辞を読み上げる順番を決定し、お焼香をする順番と席次を決めておきます。告別式の10分前に喪主や、遺族、親族は席について、お坊さんを待機します。一般弔問客も席についたら、お坊さんが入場するので弔問客は立ち上がり、頭を軽く下げたり、合掌したりして迎えます。そして、お坊さんがお経をあげ弔辞を読み上げ、弔電が紹介されます。弔問客が一通りお焼香をしたら、お坊さんが退出します。そして、棺に思い出の品や、花を手向けて、最期の故人とのお別れをします

棺を出棺した後は、遺体を火葬場に搬送します。火葬場に着いたら遺体を火葬して、骨壺に残された遺骨を入れて、精進落としをする会場に移動していきます。その会場で喪主が挨拶をして、解散となります。葬儀で喪主を務めることになる人は、たくさんやるべきことがあるのですが、葬儀社の担当スタッフの方たちが前もって説明してくれるので安心です。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.