子育て 結婚生活

契約後にチェックするポイント

体験授業を受け、印象・相性の良かった先生にお願いしても、すべて任せっきりにしてしまうのは少し不安です。
時間がたつにつれて、良くも悪くも「慣れ」がでてくるものです。実際、複数回の体験授業の中でも、徐々に緊張感がなくなり、時間に遅れてきてしまう先生もいました。
入会後、3か月ほど経ったら以下の4点をチェックし、もしご家庭の基準からずれ始めていたら、一度話し合ってみたり、それでも変わらない場合は先生の変更をしてもらったりしたほうが良いかもしれません。

 

■言葉遣い

環境や子供に慣れたことによって、言葉遣いが崩れてきていないかをチェックしましょう。「なんでこんな簡単な問題がわからないんだ」など、子供が理解できていないときに強い口調になってしまう先生の指導では、成績の向上は期待できません。一度話し合ったり、先生の変更をしてもらったりしたほうが良いでしょう。

 

■服装

言葉遣いと同じように、徐々に崩れてきやいのが服装です。体験授業の際はスーツでいらっしゃる先生もいます。その後も常にスーツである必要はないと思いますが、シャツやジャケットなど、なるべくきちんとした服装できていただきたいものです。

 

■時間

時間をしっかり守る人かどうかということは、数回の体験授業ではなかなか見抜けません。
回数を重ねてみて、5~10分ほどの遅刻や、遅れるときに連絡がないことが多くなってきていないかチェックしましょう。
また、指導時間についても、契約している時間内できっちり終わらせるのか、子供が理解できるまで延長してでも指導するのか、先生によって異なります。
時間についての考え方は人それぞれなので、ご家庭の考え方をお伝えすると良いでしょう。

 

■熱意

初めのうちは「なんとしてでもこの子の成績を上げたい!志望校に合格させたい!」と熱い思いを持っていた先生でも、思うように子供の成績が上がらなかったりして、時間がたつにつれてその気持ちが冷めてしまうことがあります。なので、3か月ほどたったところで、熱意が冷めていないか、指導の力を抜いていないか確認しましょう。

-子育て, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.