終活準備 冠婚葬祭

死後に届け出なければいけない手続きまとめ

死後に届け出なければいけない手続きまとめ

家族や大切な方が亡くなると様々な手続きや届け出をしなければなりません。それは意外に数が多く、種類も色々ありますので、葬儀と共に平行して行わなければなりませんので、事前に知っておくべき知識を頭に入れておいても損はありません。

 

 

葬儀前や直後に必要な届け出や手続き

ます死亡届です。志望届の期限は、故人が死亡した事を知った日から以内に、死亡地や本籍地、住居地のいずれかの市区町村の戸籍、住民登録窓口に提出しなければなりません。必要なものは医師による死亡診断書と届出人の印鑑です。次に死体・埋葬許可申請で期限と届出先は死亡届と同様です。また年金受給停止の手続きも行わなければなりません。期限は死後速やかに行い、届出先は社会保険事務所または市区町村の国民年金課などの窓口です。必要なものは年金受給者死亡届、年金証書または除籍謄本などです。更に死後必要な届け出として介護保険資格喪失届もあります

葬儀後に早めに必要な届け出や手続き

葬儀前後にできるだけ早く処理しておいた方が良い事も多くあります。まず雇用保険受給資格者証の返還です。これは死後1か月以内に受給していたハローワークで届け出ます。届出には受給資格者証、死亡診断書、住民票などが必要です。また相続の放棄も必要です。これは死後3ヶ月以内に被相続人の住所地の家庭裁判所に相続放棄申述書を持って手続きします。また所得税準確定申告・納税、相続税の申告・納税、生命保険金の請求など故人が死亡してから早めに処理をしておいた方が後で問題になってしまう事も少なくありません。

補助金や給付金、高額医療費の払い戻し

国や各市区町村で、葬儀の補助金や高額な医療費の払い戻し、年金の一時金などが残された遺族に金銭が支給された制度があります。また生命保険なども早めの請求が必要です。国民年金の死亡一時金請求や健康保険加入者の埋葬料請求などは死亡から2年以内に請求しなければなりません。船員保険加入者の場合の葬祭料・家族葬祭料請求や国民健康保険加入者の葬祭費請求は葬儀から2年以内の請求が必要です。高額医療費の申請は、基本的には事前の申請が必要ですが、死後申請もでき、対象の医療費の支払いから2年以内であれば可能です。

死亡された方が、家族の家計を支えていた方であれば、遺族年金の制度が助けになります。国民年金と厚生年金の両方を請求する事もできますので、請求方法を確認しましょう。その他、不動産や相続財産の名義変更や解約などは忙しい中でもできるだけ早く処理をしておいた方が賢明です。税金などの問題が発生する事がありますので注意しましょう。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.