AGA治療 婚活準備

AGAジェネリック医薬品の種類と作用

人間の髪の毛は、一日平均約60~80本程度は自然に抜け落ちます。100本以上の抜け毛がみられる場合には注意が必要です。AGA(男性型脱毛症)の可能性がありますので、早めの受診を行った方が良いでしょう。

 

 

AGA(男性型脱毛症)について

AGAは、日本語で男性型脱毛症と言います。髪の毛は約7~9年の間に、細胞分裂を繰り返し、長く伸びていきますが、AGA(男性型脱毛症)の人は、その成長期間が極端に短くなり、約1~3年程度で抜け毛となってしまいます。これは、男性ホルモンが毛根内にある毛乳頭の成長を阻害してしまうことによって起きることが分かっています。遺伝的な要素が強く、薄毛の両親を持つ人は、高い確率で薄毛になってしまう可能性があります。また、男性ホルモンが多い女性もまた、同じように抜け毛が増え、薄毛になります。これをFAGA(女性男性型脱毛症)と言います。

AGA(男性型脱毛症)に効果がある薬

AGA(男性型脱毛症)は、対処をしなければどんどん進行してしまいます。現在では、AGA(男性型脱毛症)に効果のある医薬品が開発されており、医療機関で薄毛治療を受けることができます。薄毛治療に用いられる医薬品は、プロペシア(抜け毛を予防する作用がある種類)とミノキシジル(発毛を促進させる作用がある種類)の併用が一般的に用いられています。薬は、内服薬と塗り薬の種類があります。また、専門のクリニックでは、頭皮に直接注射を行い、発毛を促進させる治療法もありますが、内服薬、外用薬に比べて、治療費は4、5倍と高額になってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)治療薬を手に入れる

AGA(男性型脱毛症)の治療薬は、医療機関から診断を受けることで処方してもらえますが、薄毛治療は医療保険が使えませんので、診察代、薬代すべてが全額自己負担になってしまいます。治療は継続して行わなければ、また薄毛が進行してしまいますので、必要性を十分に検討して治療に取り組むようにしなければなりません。お金をなるべくかけずに治療を行う方法として、個人輸入を利用してジェネリック薬品を購入する方法があります。処方箋などの必要はなく、インターネットサイトを利用して同様の効果のあるジェネリック薬品を購入することができます。

 

手軽に手に入れることができるようになった治療薬ですが、薬である以上、副作用がみられる場合があります。主な症状としては、肝機能数値の上昇、血圧の低下、性欲減退、インポテンツ、胃部の不快感などがあります。ジェネリック薬品を自己責任で購入した場合は、これらの副作用に対しての相談が送れる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。

-AGA治療, 婚活準備
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.