AGA治療 婚活準備

AGAが遺伝する理由と対処法

AGAが遺伝する理由は原因となるDHTがたくさん作られてしまう体質やアンドロゲン受容体の敏感さなどの体質が受け継がれてしまうからです。対処法としては、育毛剤を使用したり、AGA専門の病院を受診したり、生活習慣を改善したりといったことがあげられます。

 

 

AGAが発症してしまう原因について

AGAはアンドロゲン受容体が敏感であったり、DHTがたくさん作られてしまうことにより起きてきます。DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結びつくことにより出来てしまう物質です。そのため、5αリダクターゼの活性度が高い体質を遺伝により受け継いでしまうと、DHTが大量に作られてしまいます。DHTは毛乳頭細胞のアンドロゲン受容体に作用します。DHTがアンドロゲン受容体にもたらす作用が大きければ大きいほど、AGAを発症しやすくなります。

両親からの受け継がれ方について

AGAの原因となる5αリダクターゼの活性度とアンドロゲン受容体の受け継がれ方は少し違いがあります。5αリダクターゼの活性度については、両親のうち高い側が受け継がれていくため、両親の一方でも活性度が高いと遺伝すると考えられます。一方アンドロゲン受容体の敏感さについては、母方から受け継がれていきます。そのため、母親が薄毛でなかったとしても、母方の血筋で薄毛の男性が居た場合にはリスクが高くなります。母方の祖父などがAGAを発症していた場合、遺伝により体質を受け継いでいる可能性がありますので注意が必要です。

薄毛を防ぐための対処法について

AGAの体質が遺伝している可能性があり、ハゲを防ぎたいのであれば、対処することが必要です。対処法としては、育毛剤を使用したり、専門の病院を受診したりすることが効果的です。また悪い生活習慣も薄毛のリスクを高めますので、生活習慣の見直しも重要です。毛母細胞には寿命がありますので、ハゲてから何かしようと思っても遅いです。睡眠を十分にとったり、栄養バランスのよい食事を規則正しく摂ったり、適度な運動をしたり、禁煙したり、ストレスを適度に発散したり、正しいヘアケアをするなどの対処法を生活に取り入れて、正しい対策を行うようにしましょう。

 

AGAが遺伝する理由を知り、正しい対処法を生活に取り入れましょう。AGAは進行性の脱毛症ですから、体質が遺伝しているのなら放置することで髪がどんどん薄くなっていきます。待っていても薄毛は改善しませんので、育毛剤を使用したり、生活習慣を改善したり、病院を受診するなど正しい方法で対策を行うようにしましょう。

-AGA治療, 婚活準備
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.