AGA治療 婚活準備

AGAには内服薬・外用薬どっちが効果があるの?

薄毛が気になり、専門のクリニックで診断してもらったところAGAだと判明した。こんなとき治療にはどんな内服薬を服用し、外用薬はどんなものを使うのか、それぞれどう働いて効果を発揮するのか、これらをしっかりと把握して自分の治療に役立てることが重要です。

 

 

AGAの治療に使われる内服薬とその働き

AGAと診断された場合、その治療にあたってほぼどこのクリニックでも内服薬として選択されるのが有名な「プロペシア」でしょう。もともとAGAは何らかの理由で自身の男性ホルモンが変化した「ジヒドロテストステロン(以下DHT)」が、毛髪を作る毛母細胞を痛めつけてしまうことで起こります。プロペシアは有効成分フィナステリドを含み、この成分がDHTの動きを封じてくれるのです。結果、プロペシアを飲んでいる間はAGAの進行が止まってくれ、徐々に毛母細胞が回復していくというメカニズムです。

AGAの治療に使われる外用薬の目的

AGAの治療では、内服薬だけでなく頭皮に塗り付ける外用薬も処方されます。この外用薬はミノキシジルという有効成分を含んだもので、クリニックによってはこれにビタミンなどを配合したものを処方します。ミノキシジルは血行を良くする作用があるため、併用しているフィナステリドがきちんと頭皮まで運ばれることを助けます。また毛髪を作るためのアミノ酸などの栄養が頭皮に届きやすくなる効果もあるため、メインの治療薬ではありませんが大変に重要な役割を担っています。ミノキシジルは市販の育毛剤にも含まれています。

AGA治療は気長に、内服外用の併用を

前述のように、内服薬だけでもその成分が頭皮に届かなければ意味がありませんし、外用薬だけを使って血行のみ良くしても治療にはなりません。治療を始めたらきちんとこの二つを途切れずに続けることが重要です。とくにフィナステリドは血中濃度が一定以上ないとDHTを抑え込めないため、長期間毎日忘れずに服用することが大事です。基本的には飲んでいる間しか効果が発揮できないので、かなり長期間(数年間)飲み続けることを覚悟する必要があります。続けられる費用なども考慮し、治療の方針を定めましょう。

 

AGAは症状の進行もゆっくりですが、代わりに治療するにも数年スパンかかる気長なものになります。基本的には治療に保険はきかず、自費になります。そのため運動や頭皮マッサージに食生活の改善・ストレスを溜めないように留意するなどの他、安価なジェネリック薬品の検討など、工夫して費用を抑えられる部分は抑えて長期戦に備えましょう。

-AGA治療, 婚活準備
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.