AGA治療 婚活準備

髪の毛が抜ける仕組みとメカニズム

髪の毛が抜ける仕組みとメカニズムを知ることは、AGAと向き合うためにも必要です。髪の毛の運命を左右する仕組みとして、人間が持つヘアサイクルが関わります。毛髪はサイクルを繰り返しており、それは健康な状態である必要があります。

 

 

それぞれが持つヘアサイクルを理解

髪の毛が抜ける仕組みとメカニズムとして、ヘアサイクルがあるということを理解します。髪の毛は一定の毛量を維持しているように見えますが、髪の毛は生えては抜けて、新たに成長をすることを繰り返しています。髪の毛の生えるのは成長期の髪の毛であり、毛髪の細胞分裂が活発な時期です。タンパク質が毛髪になり成長をするので、髪の毛は丈夫に生えます。その成長にストップが掛かるのが、退行期の時期です。この時期は毛根が小さくなりますので、毛母細胞の分裂も終わります。さらに毛根が小さくなって、抜けるのが休止期です。

人間の髪の毛にも寿命があるのが普通

AGA対策として髪の毛を知ることは重要であり、髪の毛にも寿命があることも、知識として知っておきます。髪の毛は生え変わりをするのが運命であり、男性の場合は3年から5年の髪の毛の寿命です。しかし健康な髪の毛は抜けてそのままではなく、毛穴から新しい髪の毛が出てきて、また元気に伸びていくことになります。髪の毛はすべてが成長期ではなく、90パーセント程の髪は成長期ですが、残りは退行期と休止期の髪の毛です。すべての髪の毛がいつも、肌の上に見えているわけではなく、まだ下で密かに待機をしています。

髪の毛を丈夫に育てる秘訣は血流の良さ

AGAと向き合うにしても重要なのは、髪の毛は血液との深い関係があるということです。血液が体の中を駆け巡り、栄養や酸素を運んでくれているのは、健康に対して意識が高い日本人はよく知っています。その血液の流れが良いことで、頭皮にも血液で栄養と酸素が運ばれて、髪の毛が元気に成長をします。つまり逆を言えば、血液の流れが悪くなると、頭皮への影響は後回しになります。だから体内の血流をとても良いものにすることで、栄養も酸素も髪の毛へ行き渡りやすくなり、髪の毛を健康に維持しやすくなります。

AGAと向き合う時に、髪の毛は何故生えてきて抜けるのか、髪の毛の基本を理解をする必要があります。髪にはヘアサイクルがあるので、健康であれば生えては抜けて、また生えてきます。その秘訣とも言えるのが血流がいかに良いかであり、髪の毛のためにも血流を良くして、栄養もたっぷりと送ることが重要ですし、酸素も一緒に重要です。

-AGA治療, 婚活準備
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.