AGA治療 婚活準備

若ハゲの原因をまとめてみた!20代、30代で薄毛の人…


(原因1)頭皮への負担

若いうちから禿げてくる原因として、頭皮への負担が考えられます。
10代のころに染色や脱色を繰り返し、夜更かしをして遊んでいたり、隠れてタバコを吸っていたり、若くて自覚なく頭皮に負担をかけ続けた人たちは髪の毛が気になる年齢が早まる傾向にあります。
若さで耐えれていたことも、少しの加齢ですぐに目に見えて抜けてしまったりするので、
気になり始めたら既に手遅れだったケースもありますが、回復が早いうちにケアができるのでお得ともいえます。
洗髪やヘアセットなどは毎日行うものですから、気を付けていないとすぐに影響が出てしまったりします。
シャンプーをしっかりしないと、セットに使ったムースやジェル・ワックスなどが頭皮に残ってしまい
毛穴を詰まらせて毛髪の成長を阻害してしまいます。
しっかりシャンプーをしたと思っても、すすぎ残しがあると、同じく毛穴に詰まり悪影響を及ぼします。
頭皮を清潔にしているつもりで一日二回も洗髪をする人もいますが、これはかえって逆効果です。
頭皮に優しいシャンプーを使用して、洗髪は一日に一回を心掛けて下さい。
前にも挙げた染色や脱色・パーマなどのオシャレも頭皮には負担です。
美容院によっては、頭皮に負担がかからない薬剤を使っているというところもありますが、
洗い流さずにつけておくと炎症を起こすくらい強い薬ですので、
いくら負担がかからないといっても、程度の問題だと思います。
高校生にもなるとオシャレに目覚め始める男の子も多いですが、毎月髪の色を変えたり
パーマをかけたりと楽しむのもいいですが、将来のことを考えると3か月に一度くらいに抑えることをお薦めします。

体験談:20代男性

就職してしばらくして、抜け毛が気になり始めました。
その時は仕事も忙しくなっていて、気にしてもいられませんでした。
仕事上の付き合いで毎日のように呑みに行って、帰りが遅くなりスーツのままで寝てしまったこともありました。
そんな時、久しぶりに会った母に「髪薄くなったんじゃない?」と心配されて改めて鏡を見ると、
以前より明らかにボリュームがなくなった頭を目の当たりにしました。
それからは、育毛剤などを使ったり念入りにシャンプーをしたりしましたが効果が見られず、時間だけが過ぎていきました。
特につむじの辺りが年々広がっているような気がして、エスカレーターや電車の中でも人の目が気になっていました。
悩んでいることを知っていた母が、薄毛専門の病院を紹介してくれて、藁をも掴む気持ちでカウンセリングを受けに行きました。
カウンセラーの先生にシャンプーより流すことに時間をかけてあげてくださいね、と言われて自分の間違いに目から鱗が落ちた気持ちになりました。
高校と大学で頻繁に髪の色を変えていたことも影響していると言われて、もうしないと心に決めました。
今は、遅くなってもしっかりと洗髪をしてしっかりと寝る生活を心掛けているせいか、抜け毛が減った気がします。

(原因2)栄養不足

抜け毛の原因と考えられているものに栄養不足が挙げられます
きちんと三食食べていても、偏りがあったり、好き嫌いをして必要な栄養素が摂れていなかった場合、
髪は栄養不足で成長できなくなってしまい、細く弱くなってしまいます。
そのため、切れ毛やボリュームの無さから、本数が変わっていなくても薄く見えてしまう可能性があります。
髪の毛は、主にケラチンというタンパク質でできています。ケラチンを作るためには、必須アミノ酸が必要となり、必須アミノ酸は体内では生成されないので、必ず食事から摂らないといけないのです。

特に、動物性のタンパク質は摂取しすぎると発毛を阻害してしまうので、積極的に摂るべきなのは大豆製品などの植物性タンパク質だといえます。
その他にも、髪の毛を作るためにはビタミンのサポートも必要です。
ビタミンB6は、ケラチンを再合成する亜鉛の働きをサポートする働きがあるので、牡蠣やサプリなどで亜鉛を摂る時には必ず一緒に摂るのをお勧めします
とは言え、髪の毛の生成は生命活動に必要な臓器に栄養が運ばれた後になるので、きちんと栄養を摂らないと
髪の毛まで栄養が行き渡らないという結果になりかねません。
特にダイエット中だったり、偏った食事をしている人は特定の栄養が不足してしまう可能性があります。
ちゃんと栄養がある食事をしている人でも、胃腸が悪い人はきちんと栄養が吸収されていない可能性があるので注意が必要です。
体が健康でないと、髪も健康でなくなってしまうので、日々の生活にも気を付けないといけないのですね。

-AGA治療, 婚活準備

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.