引越し 婚活準備

単身や急ぎの時には訪問の見積もりは不要

単身で引越しをするとき、荷物はそれほどありません。

ですから段ボールなどもそれほどありません。

そのために見積もりも簡単なものになります。

訪問されることもありません。

急ぎの場合も、当日の朝に初めて顔合わせをします。


単身の場合は訪問見積もりは必要ない

引越しをする人として、3月は学生などが多くなります。一人暮らしでワンルームなどに住むことが多いので、それほど荷物はありません。

ファミリーで引越しを行うとき、事前に業者が訪問をして見積もりをするところがあります。いろいろな理由がありますが、多くの荷物があって、準備が必要になるからとのことでしょう。

では、単身の場合にそれが必要かですが、それほど多くの荷物はありません。訪問なしで行ってもらっても問題なさそうです。インターネットにも情報があり、コンテナに載せられる程度の場合は、固定料金になります。

家具や家電が増えてくると難しいこともありますが、洋服や本だけであればそれほど多くの荷物は出ません。見積もりは不要です。

すぐに引越しをしないといけない場合

会社などでは、異動の連絡はある程度余裕をもって行われます。4月1日付で異動なら、早ければ1月ぐらいから話を聞き、遅くても3月の頭には聞いています。

そこから引越しの準備に入ります。しかし、各部署の調整がうまくいかないとき、1週間前や数日前に異動の話が出ることがあります。

この時は、急に行う必要があります。この場合は、見積もり訪問なしで対応してくれる業者を選ぶ必要があります。連絡をしたら、後は当日に伺いますと連絡がもらえます。

その場合でも、机上の見積もりはもらっておきます。荷物の量、移動の距離、物件の状況などを伝えておきます。

訪問されると決めないといけないプレッシャーがある

無料なになにと聞くとつい利用してしまうことがあります。でも無料でお得な分、何らかの代償をしないといけない気持ちになります。

業者は最初から想定しているのかもしれません。引越しのとき見積もりをしてもらうとき、より正確な見積もりをするために訪問するといわれることがあります。

しかし、実際に訪問されると、いろいろとプレッシャーをかけられます。そしてその業者が最も得なようにいわれて、やむなく契約してしまうこともあるでしょう。

訪問なしで対応してくれるところもあるので、依頼するときに訪問がないことを確認すると良いでしょう。

まとめ

引越しをするとき、訪問して見積もりをしてもらうのが当たり前のように感じます。でも必ずしてもらわないといけないわけではありません。

訪問がないところから選ぶこともできます。より正確に業者を選ぶことができます。

-引越し, 婚活準備
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.