終活準備 ダイエット

人気プライベートジムの総額費用


最近は、健康志向の高まりやダイエット目的、体作りの目的でCMなどでもプライベートジムが人気ですが、プライベートジムとフィットネスクラブの違いや費用も気になるところで、できれば安い費用で気軽に通いたいものです。

プライベートジムとフィットネスクラブ違い

プライベートジムとフィットネスクラブの違いについてですが、一般的にパーソナルトレーナーを付けてトレーニングをマンツーマンで行う人気プライベートジムは、きちんとした筋トレやダイエットのメニューやプログラム、管理まで綿密なサポートをしてくれるジムになり完全な予約制でもあります。一方のフィットネスクラブでは、色々な運動できる器具やそれの使用や知識に関してサポートをするインストラクターがいるなか自由にダイエット目的から体作りのため、または筋力強化などが行える運動施設のことをいいます。

それぞれの特徴やメリットとデメリット

まずプライベートジムでは、マンツーマン指導で個室のトレーニング、行う運動や筋トレのメニューがあらかじめ決められています。プライベートジムのメリットは本格的、かつ本気で取り組むための目的で集中してトレーニングできることにあります。デメリットといえば費用が高額であることでしょう。フィットネスクラブでは施設によってのサービスの違いで多様ですが、自由に器具を使えたり運動でき施設内のエステやサロン他、楽しみながら各個人の目的で楽しみながら行えることにある分、人数の多さで混雑することや目的がそれたりすることがデメリットでしょう。

ジムの総額費用やお金をかけずに通える施設

プライベートジムでは人気ジムでも異なりますが周2回通いと2,3ヵ月の短期間でおよそ20万から30万円程の総額費用相場となっていいます。フィットネスクラブでは、基本的にコナミスポーツクラブやセントラルスポーツクラブなど全国展開するジムでは、月額制となる数千円から2,3万円となって、できることなら安い費用で気軽に通いたい方には自由に利用できる時間も選べたりジムによって個人指導など別プランもあってとてもリーズナブルな費用になっていますし、筆者も駅近い安い費用ですむジムへと通っています。

 

 

現在は健康志向や健康ブームでジム通いする方も増えて、かかる費用も考慮する必要がある他、トレーニングは通いながら知識を蓄えたり自由に楽しみながら継続して行いたいものです。総額費用の高額でそれっきりの身体で終わってしまうよりは、人気の大手ジムなどで24時間トレーニングできる施設やフリープランのある割安なジムでお金を気にせずトレーニングを日常生活に取り入れ楽しく継続していきたいものです。

-終活準備, ダイエット
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.