法律事務所 債務整理

任意整理でできることと注意点

始めは少しだった借金が、毎月足りない生活費を少しずつ借りていくうちに、いつの間にか借金の返済が大変になっていたりすることがあります。借金を減らしていくには、毎月少しずつ返済していく以外の方法もあります。

 

 

任意整理とはどのような方法なのか

任意整理は、債務整理の中でもよく利用される方法で、裁判所などは関与しません。その言葉のとおり、任意で借金を整理する方法で、債務者と借入先の間で、利息や借金の金額、返済方法について交渉して、支払ができる条件での合意を成立させる手続きになります。 利息制限法の上限金利を超える消費者金融と取引がある場合は、利息制限法の金利に引き直して、払いすぎた利息分は、借金を減額したり、将来の利息をカットして元金を分割払いにしたりする交渉をします。将来の利息をカットする方法は、ほとんどのケースで可能な場合が多いです。

任意整理をするにあったての注意点

任意整理は、良い事ばかりでなく注意点も必要です。任意整理は、借金の総額を減らすことが目的なので、利息制限法に基づいて引き直して残った元金は返済の義務があります。借金の総額によっては、この方法が向いてない人もいます。この方法ができる人の条件として、3年から5年で分割返済をすることできる、安定した収入があることが原則になります。また、任意整理を借入先が合意してくれても、信用情報機関にブラックリストとして登録されるので、借入が今後5年間できなくなります。借入には、クレジットカードも含んでいます。

任意整理以外の債務整理の方法について

借金の総額や収入の状況によっては、任意整理の手続きが向いていない人もいます。債務整理には、任意整理以外にもいくつか種類があります。他の方法としては、過払い金請求や自己破産、民事再生があります。 過払い金請求は、払いすぎた利息がある場合に、借入先の業者に払いすぎた利息を返還してもらう手続きのことです。自己破産や民事再生は、裁判所を通じて行う手続きで、借金の返済が困難だと裁判所に認められれば、借金の減額や返済が全額免除されたりします。どの方法にも、メリットもありますが注意点もあります。

借金を毎月少しずつ返済していても、生活が借金に追われてどうしていいか分からない場合には、さまざまな方法をとることができます。任意整理も、その中の一つで、利息までは返済できないが、借金の元金を返済できる人には向いている方法です。借金に返済の負担を減らすこともできますが、その注意点もよく理解して利用することが大切です。

-法律事務所, 債務整理
-,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.