法律事務所 債務整理

任意整理と自己破産の違い

多重債務などで、借金相談を希望する人は毎年増加傾向です。 借金を抱えて悩む人が多くいる現在では、この債務整理で解決する人も同じように増加傾向です。 債務整理には、色々な方法がありその個人の事情に合わせることが可能になります。

 

 

債務整理で自己破産を希望する場合は

自己破産という言葉は、今のような多重債務者が多い現代よりももっと昔からよく聞かされた言葉です。 自分が今、所有する資産などを全て借金の返済に充てることで不足分を免除してもらえる制度です。 そのやり方は、個人でも申請ができますがやはり弁護士や司法書士に依頼をして裁判所に破産申請をしてもらいます。 依頼側は、弁護士などの指示に従うことでスムーズに申請ができます。 審査には、約半年程度かかりますが裁判所から認可されると自己破産は完了します。 こちらは、もともと持ち家や車など資産がなく返済が困難な場合に向いています。

自己破産と任意整理の違いは大きくあります

自己破産は、免責が出た時点で全ての借金の返済が無効となります。 任意整理では、返済が減額されますが無効にはなりません。これが、一番大きな違いです。 任意整理の場合は、自分で整理した部分の借金を選択できるので住宅ローンなどはそのまま残すことが可能です。今、住んでいる家を残したいと思うならこちらの任意整理がおすすめです。 こちらも、弁護士や司法書士に依頼することでできます。 裁判所は、関係なく直接借金をしている側と交渉することで金利カットや返済期間の短縮などができます。費用は分割払いができるの安心です。

債務整理をしたいと考えているのなら

借金の返済が、大変で生活も困窮しているのならまずは、無料の借金相談に行くのが始まりになります。 初回は、お金もかからず、相談に応じてくれる法律事務所は今はたくさんあります。 まずは、相談をして自分に合う債務整理を提案してもらうことです。 依頼すると、費用はかかりますがそちらも分割払いができます。 相場は、自己破産の場合は30万円程度になり任意整理は、交渉1件につき2,3万円になりあとは着手金や成功報酬制になります。こちらも、相談をするときに、費用の説明も丁寧にしてくれます。

債務整理というと、とても費用がかかるイメージがありますが、意外と安くできます。 誰でも利用ができる制度なので、借金に悩むならまずは相談に行くだけでも、随分と気分が楽になります。 今は、借金問題は簡単に解決ができるようになっています。多くの人が、相談から解決に向かっています。人生を、リセットするチャンスはあります。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.