歯磨き 美容

自宅でできるホワイトニング

 

自宅でできるホワイトニング

接客業などをされている方などは、お客様とマンツーマンでお話をする機会が増えると言われていますが、やはり口の中は目につきやすい部分なので、歯が黄ばんでしまっている場合健康上問題はなくても、見た目が不潔に見えてしまう可能性があります。

 

 

自宅で行うホワイトニング治療とは

きれいな歯を維持するためには普段からこまめに歯のお手入れを行う方は少なくありません。しかし毎日食後に歯磨きをしている方でも、前歯などを中心に歯が黄ばんで色素沈着を起こしてしまっている方は少なくありません。一度歯が色素沈着を起こしてしまうと、いくらゴシゴシ強く擦っても歯を傷つける原因となりますので、きちんと色素分解を行ってくれるホワイトニングケアが必要となります。このお手入れは審美歯科に行かずにケアが行えるため、自宅でじっくりお手入れを行いたいという方に向いているケアになります。

なぜ歯が黄ばんでしまうのか原因を知る

毎日歯を磨いているのに、歯が黄ばんでしまう原因の1つに普段の食生活が挙げられます。通常の食生活で食べている食品にステインと呼ばれる色素汚れが含まれており、特にコーヒーやワイン、紅茶、緑茶などの飲み物を日常的に飲んでいる方や、喫煙者は特に歯が黄ばみやすくなると言われています。 そのため少しでもきれいな歯を手に入れたいという方は、ステインが多く含まれる飲み物を飲んだ後は出来るだけ歯を磨くことで歯に付着した色素汚れを落とすことが出来ますが、そのまま放置してしまうと色素沈着を起こしてしまうのです。

ホワイトニング治療の違いを知る

歯の色素沈着を改善する方法として、審美歯科を利用して治療を行う方法と自宅での治療方法に分かれますので自分の生活スタイルに合わせてケアを選択することが出来ます。 主に審美歯科で行うケアは歯の表面に漂白効果のある薬剤を塗り、特殊なレーザーを照射して歯を白くする方法となっており、即効性が高い事が大きなメリットがあります。 自宅で行うケアは歯科クリニックで、自分の歯に合わせたマウスピースを作成しホワイトニング用のジェルをマウスピースに流し込み約2時間装着する方法となっています。

歯を美しく保つ事は、健康上必要なだけではなくやはり美容効果も高くなりますので、出来るだけこまめに歯磨きを行うことが重要となりますし、色素沈着を起こして歯が黄ばんでしまった場合は速やかに自分にあったホワイトニング治療を受けることが重要になります。治療方法もクリニックで行う方法と自宅で行う方法が選べることことから利用者が増えてきています。

-歯磨き, 美容
-,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.