終活準備 冠婚葬祭

お葬式に参列するとき気をつけておきたいこと

お葬式に参列するとき気をつけておきたいこと

お葬式に参列する機会は意外と多くあります。

親戚関係のほかに、職場の同僚や上司、後輩で特に普段親しくしている人のご家族が亡くなった場合にお葬式やお通夜には、つきあい的な意味合いもあって出席することが多いです。

厳粛な場でありますので、それにふさわしい格好をしていくことやマナーが求められます。


お葬式などで気をつけたい男性の靴

服装については、通夜の場合は地味なダークスーツで、翌日の葬儀の場合は喪服などの礼服で参列することになります。また、靴についても十分に気をつけておかなければなりません。服装がきちんとしているだけに、足元がおかしいと意外と目立ってしまいます。

男女ともにフォーマルな靴になりますが、フォーマルな中にもいろいろな種類があります。男性であれば黒い革製で、ツヤのないシンプルなデザインのものが理想的です。

ただし、皮は皮でも本革や合成革に限ります。アニマル柄のものはもってのほかです。本物でないにしても、殺生をイメージさせ、葬式の場にふさしくないからです。

お葬式などで気をつけたい女性や子供の靴

女性の場合、飾りがついていないデザインで、黒色のパンプスが最もふさわしいとされています。ヒールはあまり高いものではなく、太めのものの方が好感を持たれます。

素材は布製、ポリエステル、合成皮革、本革などでツヤがないものに限ります。多少の装飾があっても差し支えないですが、金具などが目立たないデザインが清潔感があります。

サンダルやミュールなど露出が多い靴、ピンヒールやつま先やかかとがない靴などは、フォーマルであっても、品位に欠けるとみなされます。

子供の場合は、学校指定のローファーなどがあればそれを履けば十分です。制服制でない学校などの場合は、できれば黒い革製のものを、なければ黒色あるいはグレーなど目立たない色のスニーカーを選んで履かせてください。

靴以外に足元で気をつけておきたいこと

靴のほかにも、足元に気を配った方がいい部分があります。それは、男性であれば靴下、女性であればストッキングです。男性の場合、黒色の靴下です。今は、くるぶしまでの短いものもありますが、座ったときに足首が見えてしまいますので、履くのは避けてください。

女性の場合は、肌色か黒色のストッキングに限られます。網タイツやラメ入りのストッキングの着用は御法度です。子供の場合は、制服で着るような白色、黒色、あるいは紺色のソックスです。

ワンポイントやフリルが付いているものは避けた方が無難です。女の子であれば、子供用の黒いタイツでも可能です。

まとめ

厳粛なお葬式の場にふさわしくない格好をすると、常識がない人だと考えられてしまいます。

マナーなどの所作もさることながらきちんとした格好をしていくには普段から準備をしておくことが欠かせません。やはり、お葬式は突然にやってくるものだからです。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.