終活準備 冠婚葬祭

一般的な葬儀に掛かる費用について

一般的な葬儀に掛かる費用について

冠婚葬祭の中で特に費用が掛かると言われているのが結婚や葬儀と言う事になります。

その儀式のスタイルにも及びますが、それでも数百万は掛かると言うのが一般的です。

ただ結婚式にしても葬儀にしても、必ずゲストや参列者より賜るご祝儀や香典などもありますから、それらを込みで考えると意外と費用が掛かっているようで、納得の行く数字が見えてくる場合もあります。


葬式は葬儀社に委託するのが一般的

近年の葬式の場合は現在ではその殆どの流れを葬儀社に委託すると言う事が一般的になっています。

その理由は、一般的に葬儀の流れ、そして道具一式を一般家庭が揃えると言う事が極めて困難であると共に、仮にその道具を揃えたにしても金額的にかなりの額となり、しかも、その一式の道具は殆ど一回しか使用されることがないと言う事になるのが理由です。

それを総合的に踏まえれば、例えある程度の金額が掛かるにしても葬式をその専門業者に全て委ねると言うのが極々一般的と言う事になります。

但し、その場合にはやはりそれなりの費用は嵩むものと考えるのが妥当と言う事になります。人が一生を閉じる訳です。それ相応の葬儀として費用は掛かると見て間違いないと言う事にもなります。

葬式は葬儀社に委託するのが一般的です

それでは何故にそれほどまでに費用が掛かると言うのが葬儀なのかと言う事になります。簡単に挙げれば、葬式に絶対的に必要となるのが祭壇です。しかも、その祭壇に使用されているのが生花です。そして、この生花と言うのがかなりの数、使用されています。

葬儀と言っても、そのスタイルには様々あります。家族葬に合同葬、そして社葬などが挙げられます。極々一般的な葬式にしても、家庭の一室に設けられる祭壇でも、3桁前後の費用は掛かります。

その他に必ず献花と言われる花が飾られるのが一般的です。ある程度のデコレーションが施されている花のレイアウトになります。けれども、この献花自体が一つだけで数万円と言う金額になります。そのために葬式に必要な花にはかなりの金額が掛かっていると言う事になります。

葬式は葬儀社に一任するのが一般的です

しかも葬式に使用される飾り付けの場合は、とにかくその時々の生の飾り付けとなります。故人に手向けるものとなりますから、並大抵の方法では済まないと言う事が全体的に溢れていると言う事になります。祭壇に飾られる様々なデコレーション、その中でその祭壇を演出するかのように飾られる花自体、様々なスタイルが施されています

つまりは故人に対しての慈しみの象徴でもあると言う事になります。一つの献花が数万円と言う事になりますから地方の場合であれば、庶民的に考えれば一人が一つではなく、数名が共同して依頼すると言うケースが一般的になっています。

僅かにその日一日、若しくはその日、数時間に使用されてそして用を果たすと言われる品物でもあるからです。但し、その時の象徴としては、故人に対しての贈答品ともなる訳です。

まとめ

全体的に葬式の場合は祭壇、飾り付け、香典とそして献花や火葬に対しての費用などが葬儀社の方に支払われる金額となります。その費用がおおよそ、単純計算にしても数百万と言う金額となります。

これが僅か一日で動くと言う数字となります。その他に家族が他の業者に支払うのが食費と言う事になる訳です。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.