法律事務所 債務整理

銀行と消費者金融の違い

「お金を借りる」という選択において、銀行か消費者金融かという選択は非常に大きな意味を持ちます。双方にメリット、デメリットがあり、一概にどちらか一方が良いと言うことはできないものの、どのような違いがあるのかを知ることは大切です。

 

 

「平均金利」の設定に違いがある

たとえば、銀行もしくは消費者金融の「カードローン」を利用する場合、いわゆる「目的ローン」と比べて金利設定が非常に高くなります。マイカーローンなどが5%以下の金利で契約できることが多い状況に対し、カードローンの場合は銀行系で10%前後、消費者金融系で18%前後という大きな違いがあります。 金利は低ければ低いほど良いとされ、ここで負担を軽減することは「完済をしやすくする」という目的において非常に重要です。基本的には銀行系の方が低い設定になっていますが、状況によっては逆転する可能性もあります。

「総量規制」の対象になるかどうかが違う

現在、目的ローン以外のローンを契約する時には「総量規制」の影響を受けることになります。総量規制では、「年収の1/3」までしか借金をすることができない旨の決まりが定められているため、年収300万円の人は100万円以上の借金をすることができません。逆に、100万円の借金をしたいのであれば年収300万円未満の人は可能性がなくなります。 総量規制は「貸金業法」に対する規制のため、消費者金融系のカードローンは基本的に規制の対象となります。しかし、銀行系は貸金業法とは関係がないので、規制の対象外(借り入れ制限なし)となります

借金に対する「イメージ」が違う

いずれにしても「借金をしている」という事実には何ら変わりはないのですが、世間一般のイメージとして「消費者金融系はネガティブ、銀行系はポジティブ」なイメージを与えることが多くあります。 そのため、仮に借金があることが周囲に発覚してしまったときに恥ずかしい思いをするかどうかという違いがあります。また、在籍確認の際にも「銀行から電話が掛かってくる」という状況は比較的ポジティブな捉えられ方をすることが多いので、余計な対策をしなくとも良いという点で労力を削減できる効果もあります。

銀行系、消費者金融系カードローンにおける大きな違いは、「総量規制」「金利設定」「イメージ」の3点です。このうちどれを優先して選択するつもりなのか、どのような環境を希望するのかによって優先順位は異なります。 相対的に見て銀行系の方が優位になることが多いものの、即日融資などの条件を含めることでその順位は変動していきます。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.