法律事務所 債務整理

自己破産の仕組みとデメリット

債務整理の方法にはいくつかあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。自己破産は債務整理の最終手段とも言えるものですが、十分な収入があれば少額の借金では行えない場合があります。このためその他の債務整理の方法と考えて借金問題に臨む必要があります。

そもそも自己破産をするメリットは

自己破産は裁判所に借金の返済が不可能になったことを申し立てて、それが認められれば一定の財産以外は没収される代わりにすべての借金が免責されるというものです。メリットは文字通り借金を帳消しにしてくれるため債務整理の最終手段として扱われます。基本的には100万円以上の借金が対象ですが、100万円以下であっても借金の返済が不可能であれば自己破産をすることは可能です。 しかし、普通に働いて収入がある場合には裁判所が認めないこともあり、少額で自己破産するというのはよほど生活に苦しいことが条件となります

自己破産によるペナルティについて

自己破産のメリットは借金が免責されることですがデメリットは、一定金額の財産はすべて没収されることです。このため住宅を持っていれば、当然没収されますし自動車でも新しいものであれば没収の対象です。自己破産後は裸一貫とまでは行かないもののゼロからの再スタートになります。 また自己破産は債務整理の中でもペナルティが強いもので、ひとつは官報に破産者として住所氏名が掲載されますし、信用情報は著しく傷つけられるので、10年以上は信用力のある商品を利用することが実質的に不可能になります。

ケースバイケースで債務整理を選ぶ

安易に自己破産を選ぶと後々に大きく影響してくるためケースバイケースで手段を選ぶ必要があります。借金の額が多いものの支払い能力があれば個人再生を利用するのも手段ですし借金が少額の場合には借金の減免を求める任意整理も手段です。特に2010年以前から消費者金融を利用している場合には過払い金が発生しているケースがあり、その場合には過払い金請求をすることで借金を減らしたり、またはお金が戻ってくることも出来ることがあります。 このため債務整理をするさいには専門家に相談して必要に応じて過払い金請求などの手段を使うのがベターな方法です。

借金に困って最終的にこの問題を解決したい場合には債務整理の専門家に相談するのがベターな方法です。借金の種類によっては過払い金請求で費用を掛けずに借金問題を解決できる可能性がありますし、また自己破産をしなくても済む場合もあります。また最終的に自己破産しなければならないとしてもまずは相談することで有利な借金解決に繋げることができます。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.