法律事務所 債務整理

自己破産のデメリットとその手続き

自己破産とは自己破産申請と成立により財産をすべて失うと同時に、すべての債務責任を放棄することで債務の返済の苦しみから解放されるというメリットがあります。 ただし、自己破産にもデメリットが存在し、それをここからお話してゆきます。

 

 

自己破産で最大のデメリットとは

破産成立により一番迷惑をかけるのが家族です。 破産により、それまでに生活が一変します。 破産前は比較的豊かな生活を送っていても、破産すれば家族の生活は苦しいものとなるでしょう。 住宅や車は没収され、クレジットカードの利用が出来ず、預貯金通帳すら発行されません。 人間の社会生活にはお金が掛かりますが、そのお金の使い道に大きな制限がされることになるでしょう。 すべての財産が没収され、お金の使い道に大きな制限がされると家族を持つ人であれば 生活に大きな支障を与えることは間違いないです。

職業に制限が設けられ不具合が生じる

破産手続きが開始されると免責決定まで職業に制限がされることがあります。 仕業と言われる、責任や立場を持つ仕事には付けません。 仕業とは、弁護士や司法書士、会計士、税理士などです。 ただし、仕業でも免責決定となれば復職することも可能ですが、破産申し立てをした人の場合、著しく信用を低下させることがあるため、それまで抱えていたクライアントが離れてゆく懸念があるでしょう。 このような立場のある職業で自己破産すれば、間違いなくその行業務に影響があるでしょう。 自己破産が資格の剥奪となるわけではないので再生は可能でしょう。

デメリットの裏にはメリットもある

自己破産成立となる前の大きなストレスとして、これまでの膨大な債務から解放されることです。 免責が認められれば債権者は給料の差し押さえや、取りたてができなくなりますので、最低の生活の確保が可能となります。 これにより借金苦から解放されるのです。 自己破産成立から生活には制限が設けられますが、同時に新たな生活の再生のスタート地点に立ったことともあります。 自己破産するまでの自分の失敗を見直すチャンスでもあります。 破産の手続きに踏み切る判断は難しいでしょうが、家族や従業員の再スタートの一歩ともなるのです。

自己破産これまであった債務を放棄し、再生をスタートさせるための第一歩となります。 破産によるデメリットは大きいでしょうが、これを判断することでメリットも大きいです。 債務がある状態で生活を続けることは、これからの生活に大きな支障となります。 手続きが進み、免責が受けられることで、生活の再生が約束されます。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.