法律事務所 債務整理

自己破産と個人再生の違いとは

債務整理といえば、自己破産のイメージが強く、自宅を含めて全ての財産を差し押さえられると思い込んでしまい、そのことが弁護士等への相談を遅らせる原因の一つにもなっていますが、実際には、任意整理、個人再生、自己破産の中から最適なものを選ぶことになります。

 

 

自己破産の概要と手続きについて

自己破産とは、債務者に借金を返済するための財産がないため、支払能力がないことを裁判所に認めてもらうことにより、借金の支払義務が免除される制度になります。官報に掲載され、主だった財産は処分され、免責を受けるまでの間は一定の職業につけなくなりますが、このことで会社を解雇されることはありませんし、給与も減額されることなく支払われます。 自己破産というと、ネガティブなイメージばかりが先行していますが、督促に追われて、日常生活に支障を来す状況の方が不健全であり、自己破産を申請することで第二の人生のスタートと前向きに捉えるべきです。

個人再生の概要と手続きについて

個人再生とは、住宅ローンを除いた借入総額を5分の1程度に圧縮し、3年から5年をかけて返済していく制度になります。自己破産との一番の違いは、住宅を始めとした財産を残すことが可能な点であり、裁判所に申請が必要な点は同じです。裁判所に認められれば、官報には掲載されますが、基本的には会社などには知られることはありません。 個人再生を認めてもらうためには、債務者に支払能力があることを裁判所に示す必要があります。したがって、定職があることはもちろん、1か月あたりの収支を明確にする必要があります

自己破産と個人再生の判断を委ねる方法

自己破産と個人再生のどちらを選択するかは、支払い能力がどこまであるのかによって決まります。ただし、その判断は自分で行うものではなく、客観的なものである必要がありますから、まずは弁護士事務所、もしくは司法書士事務所に委ねることになります。 最近では、ほとんどの事務所において無料相談窓口が設置されていますので、現在の借入状況や毎月の収入などを整理しておくとスムーズに相談できます。また、より良い選択を行うためには、相談することを躊躇しないで、できる限り早期に対応することが重要です。

自己破産と個人再生の違いは、住宅を含めた財産を残せるか否か、また、借金の支払い義務を有するか否かになります。また、共通点は、どちらも裁判所に認めてもらうことが必要であり、官報に掲載されたり、一定期間ローンが組めなくなることなどが上げられます。いずれにせよ、できるだけ早く行動することが、借金問題を解決する近道です。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.