住宅 結婚生活

不動産査定の見方と仲介業者について

一戸建て不動産の査定について

家を売却するときには手間がかかります。
大きな商品ですから簡単に売ることができず、売却まで時間がかかるのが普通です。
そして住宅を売るときは業者に依頼して売ってもらいますが、その時に家の査定を受けることになります。

 

不動産会社の調査を受ける時は、最初は簡単なネットの査定を受けるといいです。
ネット上には建物の価格を簡単に計算できるサイトがあるので、そこで簡易的な検査をして大体の値段を把握しておくと考えやすくなります。
ネットで大体の値段がわかったら、そのあとは不動産業者に連絡をして大雑把な査定をしてもらいます。
この時は実際の家を見ないで計算してもらうので、かなりアバウトな数値になります。
ただネットの簡易的なものよりは正確なので信頼できます。

 

それで評価できそうに感じたら実際に業者の人に家を見てもらって、具体的な価値を調べてもらいます。
実際に家をみてもらう時の調査ではかなり複雑な条件を調べることになります。
そこで調べられるのは家の印象や壊れたところがないかを見られます。
また周囲の環境についても詳しく調べられるので、問題のある家だと評価が下がります。
道路事情も評価の対象になり交通事情が悪く、移動が難しい場所の建物は高い値がつきません。
周囲に家が少なくて空き地が多いことや、駐車場があるかなども詳しく調べられます。
実際に家をみてもらう調査自体は短期間で終わりますが、行政機関の手続きがあるので結果が出るまでには時間がかかります。

 

行政機関で調べられることは、上下水道の有無や建設が出来る法的な制限などを調べられます。
周囲の道路が私道であるか公道であるかなども調べます。
他にも法的に土地や建物に対する権利を保持しているか確認をし、周囲の住宅と問題がないかも調査されます。

 

行政や法的な調査が終わった後は実際の市場価格のチェックをします。
査定をした家と似た物件が販売されていないかなどを調べ、その不動産が売りやすいものであるかを調べます。
また周囲で実際に売れた不動産の価格を調べ、どのくらいの価格で売れる可能性があるかを調べます。
このような調査を経て業者は価格を決めますが、実際に販売する価格は売る側が決めることができます。
業者が決めた価格よりも高くすれば売れるまで時間がかかります。
逆に安くすればすぐに売れる可能性がありますけど、そのぶん安く売る事になります。
自分の持っている家を早く売りたい時は、業者の決めた価格よりも低い価格で良ければ業者が買い取ってくれることがあります。
あまり金銭的にお得な方法ではないのですが、急いで売らなければいけない時は便利です。

 

自分の持っている家を業者に調べてもらう時は、綺麗にしておくと評価が上がりやすいです。
例えば掃除を良くしておくことや、場合によってリフォームをしてみるのも効果的です。
ただリフォームをする時は負担がかかるので、よく考えておかないと損をする事があります。
自分の持っている不動産の査定を受ける時は、出来るかぎり見栄えを良くしておくと高く売れることがあります。

 

仲介について

 

「仲介」は、広く一般におこなわれている方法ですから、新聞広告や看板でもよく見かけることがあるでしょう。
「買取」より手間と時間がかかりますから、待ってもいいから少しでも高く売りたい人に向いています。

 

「仲介」の場合、複数の会社に査定をしてもらうことが大切です。
査定額は「このくらいの価格で売れそう」と提案する額のため、業者によって違いがあります。
つい、いちばん査定額が高い業者を選びがちですが、よく考えないで契約すると失敗する可能性があります。

 

自分の会社の契約が欲しいがために相場を無視した高い査定額を示す業者もいます。
いつまでも購入者が現れないと価格の見直しを考えたり、最後は「買取」になってしまうかもしれません。
査定額ばかりではなく、業者の信頼度を見極めることが大切です。

 

扱っている業務内容や規模が違いますから、不動産売買の仲介を得意とし実績がある業者を選ぶとよいでしょう。
業界団体に加盟している会社は信頼の目安になりますし、何かトラブルの際にも窓口に相談できる点が安心できます。
宣伝する広告費に力を入れているかどうか、売り主の要望にできるだけ応えてくれるか、リスクやデメリットの説明もきちんと説明してくれる会社であるかも重要です。

 

次に会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
契約によって購入者を自分で見つけることができる有無や会社を通さずに契約する有無が違いますから注意しましょう。

 

査定額を考慮しつつ売却価格を決定し、いよいよ物件を売りに出します。
購入者が見つかったら希望購入価格と売却価格を調整して成約価格を決定します。
最後に購入者と売買契約を結んで不動産を引き渡します。

-住宅, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.