終活準備 冠婚葬祭

仏教のお葬式の流れと注意点

仏教のお葬式の流れと注意点

お葬式は冠婚葬祭の儀式の1つでもあるため、様々なマナーが存在します。お葬式を執り行う側も、参列する側もそれぞれマナーを理解しておく必要があります。 またきちんと故人を弔うためには事前の準備から埋葬まで一連の流れをきちんと理解しておくことも大切です。

 

 

お葬式に失敗しない為には事前の準備が大切

人が亡くなるというのは突然なものです。結婚式の準備のように、前もって万全な準備をしておくというのは難しい場合がほとんどです。そのため生前に故人と葬儀業者を決めていたという人もいますが、ほとんどの人が葬儀社を決めるのは没後となります。 病院などで亡くなった場合、急いで葬儀社を決めて安置場所に故人を移さなければなりません。そのため葬儀社選びにあまり時間をかけてはいられません。数年以内に亡くなる恐れがあるという場合には事前に葬儀社の情報収集をしておくといざというときにスムーズに事を進めることができます

仏教のお葬式における一連の流れ

人が亡くなると、まずはお通夜が執り行われます。ご遺体を棺に納め、故人の愛用品も入れてあげます。お通夜では家族だけではなく友人など故人にとって親しい間柄の人々が集まり、一緒に食事をしたり、故人との思い出話をしたりなどして最後の時間を共にします。 別日にはお葬式と告別式が行われます。現在ではこの2つを区別せず、1つの流れで執り行われることがほとんどです。僧侶の読経、お焼香が行われ会場の全員で供養します。そして出棺し火葬場にて火葬が行われます。その後は骨あげをし、骨箱や骨つぼにおさめて終了です。

仏教ならではのマナーを理解しよう

日本では、仏教とキリスト教の2種類のうちどちらか一方のお葬式が行われています。故人が属していた宗教に合わせて行われることが多いのですが、宗教が違うため葬儀のやり方も若干異なります。 日本でメインとなるのは仏教形式です。仏教の場合には数珠を持参します。葬儀中は何度か合掌する場面がありますが、その際に数珠を両手の親指と人差し指の間にかけて行います。次にお焼香です。やり方には何種類かありますが、立礼焼香が一般的です。遺族と祭壇に一礼し、目の前香をつまんで香炉にくべる作業を2~4回行います

お葬式にはいくつかの注意点があります。その注意点を守らなければ遺族に対して、また参列者に対して失礼にあたる場合があります。そのため最低限のマナーはきちんと理解しておくことが大切です。もっとも大切なのは故人を弔う姿勢です。今までの感謝の意を込めて、きちんと最後のお別れができるように葬儀に関する知識を身に着けておきましょう。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.