終活準備 冠婚葬祭

お葬式に呼んでもいい人と呼ばなくていい人

お葬式に呼んでもいい人と呼ばなくていい人

家族葬という名のお葬式が今広まってきています。勘違いしている方も多いのですが、「家族」と名が付くからといって家族しか参列が許されないというわけではありません。それではどういう方を呼ぶのが正しい家族葬なのでしょうか。

 

 

家族葬の参列者のルールについて

お葬式の形式を家族葬にした場合、誰を呼ぶかの明確なルールというのはありません。ただ従来のお葬式と違って義理で呼ぶ必要はないのです。 故人が生前に望んでいた人や喪主が来てもらったほうが良いだろうと判断する人を呼べばいいのです。 故人の親や兄弟・配偶者・子供というのが一般的ですが、家族同然のお付き合いだった友人や恋人を呼んでも家族葬です。 お葬式をする際には、家族葬であることを連絡するとともに、来てもらいたい方以外にはきちんと参列辞退・香典辞退の旨を伝えてあげるようにしましょう。

家族葬に呼ばなくていい人とは?

家族葬に呼ばなくていい人とはお互いに義理だと分かっている関係の方々です。たとえば会社関係者であり遠い親戚である場合もあるでしょう。呼ばなくていい人まで呼んで、その方々のための食事を用意したり挨拶をしたり、そんなバタバタの間にお葬式が終わってしまって故人とゆっくりとお別れする暇がなかったということのないように、という意味も家族葬にはあるのです。 呼ばれる側としても、それほど親しくもなく亡くなったからといって特にそれほどの感想もないような相手のために喪服や香典を用意し、貴重な時間を費やすのは面倒なものです。

どういう場合に家族葬をするのか

義理ではなく、故人との最期のお別れをしたいと願う方が多いようでしたら普通の葬儀の方がおすすめです。お葬式のあと、自宅に多くの方が参拝に来られるとなると大変です。 家族葬はまだまだ新しい形式だけに、葬儀には必ず出席するものと考えている親戚や近所の方がおられるかもしれません。そういう方々にきちんと説明して参列をきっぱりとお断りできないと後々のトラブルの元となるのでご注意ください。 少人数だと会場も小さくてよく、飲食物の準備も楽だからと家族葬を選ぶ方もいますが、香典の入ってくる量も少ないことは頭に入れて置きましょう。

たとえ故人の希望でも、喪主の考えであっても、家族葬を執り行いたいというのであれば事前の根回しは必要です。せっかく近しいものだけでお別れをしたいと考えているのであれば、きちんと明確な基準で来てもらう人・来てもらわない人を決め、参列を望まない方にははっきりと伝えましょう。せっかくのお葬式がトラブルの元となっては大変です。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.