探偵事務所 浮気調査

自分の力で夫、妻の浮気調査をする方法

浮気調査に有効な手段

夫や妻が急におしゃれになった、帰りが遅い、どんなときも携帯を手放さない、会話が減ってしまった、、など
相手の行動を見て浮気をしているのではないかと不審に思ったことがある人もいるでしょう。
こういった行動は浮気の兆候と言っても過言ではないですね。

ですが、これだけの行動では浮気と決めつけることはできません。
確実に浮気を認めさせるのであれば、言い逃れができないように浮気の証拠を掴むことが大切でしょう。

浮気の証拠さえあれば、きちんと向き合って話し合うきっかけにもなりますし、離婚を考えているのであれば慰謝料請求にも十分有利になりますから、決定的証拠は絶対に必要ということが分かりますね。

ここで今回は、自分の力で浮気調査をする方法をご紹介いたします。

方法1:小型GPSを持たせる

夫や妻にGPSを持たせ位置情報を確認する手段があります。

夫や妻のスーツや通勤カバン、車などにこっそり忍ばせておきましょう。
位置を確認し、ラブホテルにいることが確認できれば決定的な証拠といえますね。

GPSは手っ取り早い方法ともいえますが、バレないか心配という人も多いでしょう。
ですが最近のGPSは100円サイズの超小型なものから、どう見てもGPSには見えないキーホルダー型など色々あります。
キーホルダー型なんかはしれっと車や家の鍵に付けることもできますから
とても便利なアイテムとといえますね。

他にも心配なことは、GPSは違法にならないのか、でしょう。

GPSは違法になるイメージもありますが、夫婦間であれば法に触れることはありません。
ですが、第三者や会社の車などにつけてしまうと違法になり訴えられる可能性も高いのであくまでもGPSは夫婦間の間で留めておきましょう。

方法2:尾行する

相手の行動を尾行する、よく刑事ドラマでも見るシーンですよね。

尾行するということは、夫や妻にバレないようについていき、不貞行為の瞬間を写真や動画に収めることを目的としています。
不貞行為を証明できるということは、どんな裁判になろうが有利に働くでしょう。

もちろんですが、相手にバレないことが再前提にあります。顔を知られているだけでも尾行がバレてしまうリスクは高くなりますから、周りから不審に思われない程度に変装をしましょう。
変装をしているからといって絶対にバレないわけではありません。いくら変装をしていようがターゲットに怪しまれないよう一定の距離感を保つことや、自然な行動を意識することが大切です。

相手の不貞行為を収められるように後をついていくだけではなく、張り込みをする必要もありますね。
そしてカメラや動画に上手に収めるテクニックも重要です。
せっかく証拠として収めても、顔がブレブレ、遠すぎて誰か分からない
なんて結果に終わってしまえば証拠としてはかなり弱くなるでしょう。

尾行は、見たくない、知りたくなかった現実を突きつけられることにもなりますから、
体力面だけでなく精神的にも負担はかかるでしょう。

方法3:隠れて携帯をのぞく

やましいことがなくても、携帯を誰かに見られることは嫌な気持ちになりますよね。
ですが、浮気の疑いがあるのであれば携帯の中には沢山の証拠が眠っているでしょう。

会話

浮気をしている夫や妻が堂々と携帯を見せてくれるわけはありませんから、隠れてのぞく必要がありますね。

携帯をのぞくことによって得られる証拠としては、明らかに浮気をしているだろうラブラブなメールや
着信履歴、2ショットの写真などが挙げられます。

それらの証拠を見ることができたのであれば、自分の携帯に送るなどして証拠を掴みましょう。
最近はスマートフォンの普及により携帯を開くには登録している指紋などが必要な場合もあります。
そうなれば携帯をのぞくことは難しくなってしまいますが、寝ているタイミングを狙うなどして
バレないようにのぞいてみましょう。

携帯を見たことで浮気が発覚することはよくありますが用心深い人であれば、
写真や履歴を消去している可能性も高いため、携帯を見たからといっても確実に証拠を掴める保証はありません。

方法4:隠れてお財布をのぞく

お財布は、携帯と同様証拠集めにもってこいといえるでしょう。

特に夫の浮気を疑っているのであれば、お財布は要チェックです。
お財布といってもお金をチェックするのではなく、レシートをチェックすることがとても重要。

全ての男性がというわけではありませんが、女性に少しでも良い思いをさせてあげたい、かっこいいところを見せたい
という気持ちからも、デートで男性側がお金を負担することは多いでしょう。

レシートには言い逃れができない証拠が沢山記載されています。
お店の名前から日付、時間まで事細かく記載されており、飲食店であれば何人でお店にいたのかまで分かってしまいますね。

2名と記載してあっても、場所が居酒屋などでは証拠として薄いので、怪しいレシートを見つけたらお店の名前を確認し
どういったお店なのか調べましょう。

ラブホテルのレシートであれば一発で浮気していると確信できますが、わざわざとっておいている人はいないでしょう。
他にもレシートが残っていれば、購入品までも知ることができますね。
自分はもらっていない、どう考えても相手へのプレゼントを買ったのであろうレシートがあればこれも証拠になります。

レシートは無意識にお財布にいれることがあるため、浮気と疑うのであればチェックしましょう。

方法5:車のチェック

車を所有しているのであれば、車の中をチェックしましょう。車は証拠の宝庫だなんていわれているのはご存知でしたか?
車の中で特に見ておきたいポイントは助手席周りです。
自分の車を相手に運転させることはあまりないので、浮気相手は基本助手席に座ることになりますね。

浮気相手が忘れていった物がないかよく確認しましょう。
自分の物でも、どう考えても夫や妻の物ではない物(女性物のアクセサリーなど)が落ちているかもしれません。

灰皿も確認しましょう。口紅がついた吸い殻があれば夫が他の女性を車に乗せている証拠になります。
それだけでなく、普段は吸わない銘柄が残っていることもあります。

運転席の足元、サイドポケットも要チェック。先程説明したようなレシートが落ちている可能性があります。
車の香りやシートの位地、カーナビの履歴などからも浮気の証拠を集めることはできますから、
特に夫や妻の専用車がある場合は、相手にバレないように調べてみましょう。

車

自力での浮気証拠集めはリスクが高い!

以上5つの方法をご紹介しましたが、意外にも証拠集めは自分でも可能だと思った人もいるでしょう。
もちろん、自力での調査はできますが、とってもリスクが高いのでじつはあまりおすすめはできません。

まず、浮気をしていたとしても夫婦仲を修復したいと考えている人もいるでしょう。
携帯やお財布をチェックしているとバレてしまった場合、いくら証拠があっても相手が逆ギレしてくることがあります。
そうなると、余計に関係性が悪化してしまい最悪の場合相手から離婚を切り出されてしまうこともあり、
悪いのは浮気をしていた夫や妻なのに、自分が思いもしていなかった展開になる可能性がとても高くなってしまいます

証拠を集めて、離婚時に慰謝料をふんだくってやる、と考えている人も注意が必要。
あまり知識がないまま証拠集めをしてしまうと、裁判で証拠として認めてもらえなかったり、
プライバシーの侵害だと、逆に訴えられてしまうことがあります。そうなると慰謝料請求は難しくなりますね。

こちらの強い味方になるはずの証拠は、1歩間違えると最悪の結果を招くきっかけにもなってしまいます。

だからといって何もしないわけにはいきません。

夫や妻の浮気の疑いがあるのであれば、プロである探偵に依頼をすることが1番良いでしょう。

探偵への依頼内容の8割が浮気調査なんだとか。
探偵はその道のプロでもありますから、少し奮発してでも探偵に依頼をする方が後々のことを考えても自分のためになるでしょう。

数ある探偵の中から、予算や相性など自分に見合った探偵を探してくれるサイトもありますから、
探偵に依頼しようか悩んでいる人もいきなり探偵に相談するのは不安な人も、そういったサイトを利用してみてもいいかもしれませんね。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.