中古買取 クルマ買取

車検の有無で買取価格は変わるの?

車を売るときには「少しでも高く売りたい」と思う人が多いですが、買取価格を決める要因にはさまざまなものがあります。そのうちの一つとなる「車検の有無」に関しては、車検が残っている方が買取価格は高くなりやすいですが、必ずしも重要視するほど変わるものではありません。

まずは買い取り価格を決める要因を理解する

中古車の買い取り価格を決める要因となるものは、冒頭でも書いている通りさまざまなものがあります。「車検の有無」もその一つですが根拠としては強いものではなく、「見た目のキレイさ」「エンジンの状態」「走行距離」「カスタマイズ状況」などの方が大きく関係します。 「年式」については基本的に新しいほど評価が高くなりますが、いわゆる「旧車」と呼ばれるジャンルに一定の需要があるように、必ずしも古いものが安くなって新しいものが高くなるとは限らないものの、基本的には以上の要素によって価格が変わる可能性があると覚えておけば十分です。

車検の有無による違いはあるのかどうか

中古車買い取り査定において価値を決める要因として、車検の有無は間違いなく関係しています。そういった意味では「関係がある=価格が変わる」と言っても良いのですが、どの程度の違いが出るのかによっては重要性が変化します。 たとえば、その要因だけで100万円もの違いが出るのであれば非常に重要な要因になりますが、1000円しか変わらないのであれば無視しても問題のない要因になります。実際には数万円程度変化する「可能性」がありますが、少なくとも取得費用以上のプラス査定になることはありません

「現状」で評価を求めた方が無難

車検があった方が買い取り価格が高くなる可能性があるとはいえ、その違いは良くて数千円~5万円ほどです。もし、すでに期限が切れている状態から新たに取得して評価を上げようとしても、最低でも5万円(法定費用)の費用を掛けて車検を取得しても、それ以上にプラス査定になる可能性はありません。 良くて法定費用である5万円以下の上乗せがあるだけに留まり、場合によっては半分ほどしか評価されずに終わってしまうこともあります。金額だけを比較すればあった方が良いですが、実利を比較すると「現状」での評価を重視した方が無難です

結論として、車検の有無によって買い取り価格は変わります。残っている期間が多ければ多いほど評価が上がりやすいですが、そうかといってあえて取得し直すことにはメリットがありません。少なくとも取得費用以下の上乗せにしかならないため、すでに切れている場合はそのままの状態で査定を受けるようにし、少しでも残っている場合は早めに査定を受けるようにしましょう。

-中古買取, クルマ買取
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.