終活準備 冠婚葬祭

葬儀後に行う式のまとめ

葬儀後に行う式のまとめ

葬儀が終わると一息つく暇もなく、次の儀式が待っています。葬儀後に初七日の法要を行う家族も多くなっています。遺体を荼毘に付すために、火葬場についた時も納めの式を行う遺族もいます。葬儀が終わった後で行う式には、どんなものがあるでしょうか。

 

 

火葬場についたら最後のお別れの納めの式

葬儀が終わると故人の遺体を荼毘にふす時間が、近づいてきます。出棺前の最後の対面では、心残りがないようにお別れをしてください。火葬場では納めの式の後に、棺の窓を開けて故人の顔を見ることができます。火葬場につくと棺は火葬場の係員によって、霊柩車から降ろされ炉の前か霊安室あるいは、安置室に置かれます。霊安室や安置室には仮祭壇が用意されています。ここに位牌と遺影を置いて、納めの式を行います。火葬の前に行う式が納めの式です。僧侶が同行した場合は読経があって、その読経中に遺族らが順番に焼香を行っていくようになります

故人の顔を見ながら最後の焼香を行う

棺が霊柩車からそのまま炉に安置された場合は、納めの式は炉の前で行われるため炉前式とも呼ばれています。僧侶が同行しないい場合には、火葬場専属の僧侶か葬儀社の担当者の指示に従って、焼香だけを順番に行っていきます。 納めの式が終わると棺の窓を開けて、最後のお別れを行います。喪主から順番に故人と関係の深い順番に、故人の顔を見ていきます。これは納めの式の前に行われることもあります。そして棺が炉の中に納められます。この時一同は手を合わせて故人を見送ります。その後炉に点火されていきます

葬儀後に行われている初七日の法要

仏教では亡くなってから7日目に死者が、三途の川のほとりに到着するとされています。初七日忌は死後初めての法要でもあり、葬儀に一区切りつけるためにも重要なものになっています。故人が亡くなってから7日目、あるいは亡くなる前日から7日目に行われるのが、本来の初七日の法要です。 しかし最近では遠方から来る親族の負担を軽くするために、葬儀当日の還骨回向と合わせて行うことが多くなっています。葬儀に続けて行われるので、これを付け七日と呼んでいます。付け七日を行ったときは、遺族が祭壇の前に集まって拝礼する程度で済ませます

葬儀後に行う式は火葬場についてから行われる納めの式と、初七日の法要になります。特に初七日の法要については、参列した親族の負担を軽くするために葬儀を行った後で行われることが多くなっています。これを付け七日と呼んでいます。 葬儀後に行われる式もこのようなものがありますが、葬儀担当者の指示に従って行動すればなんら案ずる必要もありません。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.