終活準備 冠婚葬祭

家族葬に最適な葬儀屋の選び方

家族葬に最適な葬儀屋の選び方

会葬者への気兼ねなく、家族のみで静かに故人を送ることができる家族葬への注目度は、年々高まっています。一口に家族葬と言っても、概ね3つのプランに分かれていますので、それに応じた最適な葬儀屋を選ぶことが、望む通りの葬儀を行う大事な一歩となります。

 

 

葬儀屋の選び方で変わる家族葬の満足度

葬儀というのは誰しも慣れているものではないだけに、家族の突然の逝去に動転するあまり、プラン詳細を把握しないまま葬儀屋が勧めた通りの内容で契約、結果的に不本意な式典となったり、請求時に思わぬ高額になってしまうこともあります。家族葬は、家族と親戚のみで静かに故人を送りたいという思いのほか、コンパクトな葬儀ということで従来タイプよりも費用を抑えられ、時短という面でも注目されています。そういったメリットを優先して選ぶのであれば、葬儀屋の選び方で満足度が左右されますので、プラン内容の把握など、事前に知識を得ておく必要があります。

選ぶ人が増えている火葬のみの直葬

家族葬では、従来通りの葬儀と同じように2日かけてお通夜と告別式を行うプランのほか、お通夜を行わない一日葬、火葬のみ行う直葬の3プランに大別されています。近年、特に注目されているのが、最も費用が抑えられ時短の葬儀でもある直葬ですが、人によっては別れの時間が短すぎるという不満を持つ人もいます。逆に、家族と親戚以外の会葬者がないことで、濃密な別れのひとときを過ごせたという感想を持つ人もいます。どちらの感慨を抱くかは人それぞれになりますので、プラン内容の詳細と、火葬までの一通りの流れを把握しておくことが大事です。

最適な家族葬を行うために必要な知識

直葬の魅力は、やはり各葬儀プランの中で最も費用が抑えられる点にあります。それだけに、比較サイトなどで価格の安さのみに注目して選びがちとなりますが、他の業者に比べてあまりに格安な場合は、必ず必要となる遺体搬送や安置にかかる費用などが、オプション加算される仕組みになっていることがほとんどです。直葬は平均的に25万円ほどかかると言われますので、10万円以下の格安プランであっても、支払い時には倍以上の額になると考えておくほうが無難です。最初から平均的な額で提示している業者を選んでおくほうが安心と言えます。

家族葬に最適な葬儀屋を選ぶにあたっては、行いたい葬儀の雰囲気を明確にしておくことが大事です。お通夜も行いたいのであれば、家族と親戚のみで一晩ゆっくり過ごせる、設備が整った斎場を選ぶほうが良く、家族葬専用ホールを持つ業者が向いていると言えます。直葬であれば、火葬場に併設されている公営斎場で行うことで、自治体が設定している安心の格安プランを利用することができます。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.