法律事務所 債務整理

弁護士と司法書士の比較と選び方

多重債務の状態に陥ったときには、債務整理の手続きに踏み切ることを検討する必要がありますが、そのときには弁護士が在籍している法律事務所なのか、弁護士以外の方が在籍している法律事務所なのかを比較して選ぶ必要があります。

 

 

多重債務になったら法律事務所に相談する

カードローンでお金を借り入れて、返済が苦しくなってきたので、別の金融機関の初回限定の無利息の期間が設定されているキャンペーンなどに惹かれて、幾つもの金融機関に借金をしてしまう状況に陥る場合があります。この状態を多重債務と呼びますが、これらの借金を完済する見通しが立たなくなってしまった場合は、債務整理の手続きに踏み切るのが良い方法の1つとなります。この債務整理の手続きを進めるためには、弁護士か、司法書士のサポートを受けるために、法律事務所に相談をすることが必要になります。

弁護士と司法書士を任意整理で比較する

債務整理の手続きには裁判所で争う方法と、裁判所を介さない方法がありますが、借金問題を解決できるのであれば裁判所を介さない方法を選びたいところです。裁判所を介さない方法としては弁護士や、司法書士が代理人となって債権者と借金を減らしてもらう交渉をする任意整理の手続きがあります。弁護士は、任意整理をする債務の金額に制限はありませんが、司法書士は140万円を超えるような案件に対しては、債務者と交渉することができないので、法律事務所の選び方については注意をする必要があります。

裁判所で争う場合の弁護士と司法書士の違い

債務者の態度が強硬で、任意整理の手続きでは借金の問題を解決することができない場合がありますが、そのときには裁判所で債権者と争う手続きに踏み切る必要があります。弁護士は、訴訟代理権があるので、債務整理を依頼した本人が法廷の場に立つ必要は、必ずしもありませんが、司法書士の場合は訴訟代理権がないので、裁判の手続きを進めるための書類を作成することはできても、債務整理の依頼した本人が法廷の場に立つ必要があります。そのため司法書士に依頼するときには自らが法廷の場に立つ覚悟をした上での選び方をする必要があります。

債務整理の手続きは、裁判所を介さない任意整理の場合は、弁護士が在籍している法律事務所に依頼すれば、借金の金額に制限がないので、安心して依頼できますが、費用については、弁護士が在籍していない法律事務所と比較すると割高になります。借金の金額が140万円を超えていない状態であれば、誰が在籍しているかよりも費用と実績で法律事務所を選ぶというのも良い方法の一つとなります。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.