妊活サプリ 結婚生活

葉酸という成分の特徴と作用

葉酸という成分の特徴と作用

妊娠中に欠かせない成分として知られる葉酸ですが、具体的にどのような特徴や作用があるのかということは意外と知られていません。

代謝に必要なもので、そして新しい細胞が生み出される際にも必要なので、妊娠中には積極的に取るようにという指導がされています。


葉酸という成分の特徴や働きについて

葉酸という言葉を耳にしたことがないという人は少ないでしょう。葉酸とは、水溶性ビタミンであるビタミンBの一種です。ホウレンソウなどの緑の野菜に多く含まれるのでこの名で呼ばれています。

代謝との働きが強く、タンパク質の合成などに欠かせない成分で、新しい細胞を生み出すときに必要になります。遺伝情報の通りに細胞を作っていくという作用もあるので、妊娠期間中には積極的に取る必要があります。

最近では、母子手帳にも記載されるなど、良く名前を知られるようになり、妊婦さん用のサプリメントも多く販売されています。

葉酸が不足してしまうとどうなるのか

細胞分裂が活発な妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、先天性の疾患を招く恐れがあります。特に、二分脊椎症などの、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まると言われていて、死産を招いてしまうこともあります。

おなかの赤ちゃんだけでなく、妊婦さん自身へのリスクとして、悪性貧血のリスクが高まります。立ち眩みや動悸などは貧血の主な症状です。

ビタミンBには精神を安定させる効果もあるので、イライラしやすくなってしまいます。おなかの赤ちゃんと、妊婦さんには欠かすことができない成分であることがよく分かります。

葉酸がたくさん含まれている食べ物

葉酸は、ホウレンソウ、枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリーといった緑色の野菜に多く含まれています。イチゴ、ミカン、キウイといった果物や、ホタテやウニのような海産物にも含まれています。

その他にも、マイタケやエノキのようなキノコ類、納豆や焼きのりなどにも含まれています。ただ、水溶性のビタミンで、多く食べても水に溶けてしまい、尿となって体外に排出されてしまいます。

毎日継続的に食べることで、身体の中の濃度を一定にしなければいけません。食べ物で取るのが難しい場合は、サプリメントという方法がいいでしょう。

まとめ

妊娠期間中に必要な葉酸は、細胞の分裂に欠かすことができない成分です。授乳期にも必要なので、妊娠が分かったら、意識して食べるようにしましょう。

緑色の野菜に多く含まれていますが、水に溶けやすいという性質があるので、サプリメントで補うという方法もあります。不足してしまうと、おなかの赤ちゃんと妊婦さん自身にもリスクが高まります。

-妊活サプリ, 結婚生活
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.