法律事務所 債務整理

任意整理と特定調停とはなにか

多額の借金について減額や免除を受けるための手続きが債務整理です。債務整理を行うと個人信用情報が5年から10年にわたって信用情報機関に登録されますが、重い負担から解放され生活を再建することができます。また債務整理の手続きの中で過払い金の請求が可能な場合もあります。

 

 

債務整理の様々な種類と特徴とは

債務整理とはなにかを一言で表現するならば、借金から解放されるための手続です。具体的としては任意整理、民事再生、自己破産、特定調停があります。これらのうち最も合理的な方法はなにかと問われたとしても、その答えは債務者の状況によって異なるため一概に断言することはできません。多額の借金を抱えて返済が不可能となった場合には自己破産をする必要があります。自己破産までは至らなくても当事者の話し合いで解決しない場合には、民事再生や特定調停を申し立てることになります。最も簡単な方法は債権者と債務者が私的な協議を行う任意整理です。

任意整理と特定調停の違いについて

任意整理は債権者と債務者が協議して債務額を減額する方法です。その他の手続きと異なり裁判所を通す必要がありません。任意整理で交渉が成立した場合には和解契約書が作成されます。和解契約書は私的な書面なので債務名義とはなりません。債務者が債務不履行となり債権者による強制執行が行われる場合には債務名義が必要です。任意整理では債務名義が成立しないため強制執行される可能性はありません。一方特定調停を裁判所に申し立てた場合には調停調書が作成されます。調停調書は債務名義となるため、強制執行を受ける可能性があります

合理的に債務整理をする方法とは

多額の債務を合理的に整理する方法としては、まず任意整理により債権者と債務者が協議を行って債務額を減額します。協議が成立しない場合には裁判所にその他の手続きを申し立てることになります。民事再生は住宅ローン以外で5000万円以下の債務を対象とした手続きです。住宅ローンや債務額が5000万円を超えるような場合には特定調停や自己破産を選択します。自己破産を選択すると債務の全額が免除されますが、住宅などの高額な財産は全て処分する必要があります。住宅を手放さずに計画的な返済を行うならば民事再生や特定調停を選択します

債務整理には様々な方法があり、手続きを利用すると信用情報機関に登録されることになります。一方手続きを行うには債権額の確定が必要なので、過払い金があれば返還請求が可能です。過払い金で債務を返済できれば登録された信用情報も抹消されます。任意整理や特定調停などを行うことで、負担を軽減して計画的な返済と生活の再建が可能となります。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.