住宅 結婚生活

マンション売却とマンション購入の流れについて

マンション売却の流について

マンションに現在住んでいる人で、さまざまな理由から売却を検討している人がいます。
しかしここには流れがあるので、その流れをしっかりと把握して話を進めていくようにします。
マンションを売却しようと考えたときには、まず何から始めればいいのか、特に初めての経験という人が多いので、迷ってしまうのは仕方がないことです。

 

この時に注意しなければいけないのが、どこでもいいので不動産屋さんに連絡をすると言うことです。
そうすると相手の都合のいいように話が進み、結局納得のいかないまま売ることになってしまうと言うことになりかねません。
したがって確実にいますんでいるところを売って、納得のいく価格で早く売りたいと考えるのであれば、このような行動を起こす前に情報をしっかりと集めておくと言うことが大切です。

 

このような不動産に関しては素人なので、情報収集には限界があります。
情報収集を進めていく中でわからないことがあれば不動産屋さんに聞けばいいのです。
しかし最低限のことは頭に入れておくようにします。それはマンションの売却の流や、どのようなタイミングでどのような判断をすればいいのかということを知っておくということです。
この最低限のことをしておかないと、自分が納得のいくような結果につながりません。
現在このような売り買いの市場は厳しくなっているので思いついたらすぐに行動をするということではなく、しっかりと成功させるための準備をしておくということが大切です。

 

 

実際に物件を売るまでの流は次のようになっています。
それはまず今住んでいるところを売りに出すまでの準備と、住んでいるところを売り出している最中の行動、そして買い主が決まってから引越をするまでの手続きと言うようになっています。
この3つのステップを確実に進めていくことで、確実に売ることができるのです。
いま住んでいるところを売りに出すまでの準備としては、情報収集が大切です。

 

売ることを考えている物件と同じような物件が、現在どのくらいの価格で売れているのかと言うことを、確認します。
この他に周辺地域の相場はどれくらいなのかということも合わせて確認しておきます。
しかしあくまで参考程度に頭に入れておき、深く考えすぎないようにします。
そして査定業者の選定をする際には、不動産業者に依頼をするのですが、この時にできるだけ複数の業者に依頼をするようにします。
しかし査定額だけで不動産会社を選ばないようにします。
相場に関しては最近ではインターネットを使って行うことができますが、詳しく見てもらうためにはやはり訪問査定を受ける方がいいです。

 

この訪問査定を受けてから、不動産業者を選ぶようにします。
そしていくつかの業者の中から信頼できるところが見つかれば、媒介契約業者を決定するようにします。
媒介契約の際には、一般媒介契約や専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つの種類の中から自分にあったところを選ぶようにします。
このようにして実際に売り出すまでの準備を行います。

 

マンション購入の流れについて

 

これからマンションの購入を検討している人は、どのような流で進めていけばいいのかと言うことをしっかりと頭に入れておくようにします。 その中にはさまざまな手続きを行わなければいけません。専門的な知識がないと理解できない内容もあるので、トラブルのないように進めていきます。
マンションの購入の際には、まずは気に入った物件を探し、そこで気に入った物件が見つかれば申し込みを行って買うという意志を示します。 この申し込みは正式にその物件を購入するという意思を表す手続きになります。 人気の所では希望する人が多くて抽選と言うこともある野で、この場合気に入ったところがあればすぐに行動をするようにします。 抽選方式の場合には登録期間内に登録をしておきます。抽選に当たれば申し込みができるようになっています。この時には申込証拠金が必要になることもあります。
そして同時に住宅ローンの事前審査も受けるようにします。 不動産会社の提携ローンを借りる場合には、事前審査を受ける時期などは不動産会社が教えてくれることが多いです。 しかし自分行う場合には、金融機関と相談をし早めに審査を受けておきます。申し込みを行ってもキャンセルになる場合があります。 それは住宅ローンの審査に通らなかったり、売り主側からキャンセルをされる場合などです。 申し込み自体に拘束力がないのでキャンセル料などはありませんが、申し込みの際に自分の情報がたくさん相手に伝わってしまうので、安易な気持ちで申し込みをしないように気をつけます。

 

 

この申し込みが受理されて、住宅ローンの事前審査に通ることができれば、契約に向けて動き出すことになります。 契約内容には難しいことがたくさん書かれているので、事前に書類をもらって重要事項説明書にしっかりと目を通しておくと言うことが大切です。 そしてわからないところがあれば、説明の時に質問ができるように準備しておきます。 宅地建物取引主任者は、重要事項の説明に入る前に主任者証を提示して、自分が資格を持っていると言うことを示さなければいけないこととなっています。 もしこの時に提示がない場合には確認をするようにします。
重要事項説明の時には、対象物件の確認を行います。 それは物件について、法令上の制限について、土地と道路の関係について、インフラの整備について、 敷地や建物の状態について、マンションの場合には共用部分について、これらの確認が終われば契約条件の確認が行われます。 ここでは代金以外に必要な金銭について、契約解除の際について、供託や保険の加入についてなどの確認が行われます。
そしてこの重要事項説明で納得ができれば契約を結ぶことになります。契約をした後には後戻りできないので、しっかりと確認をするようにします。 契約の時には物件価格の20パーセント以内の手付金を支払うことになっています。 そしてこの時の内容については重要事項説明と重複することがあります。しかし気を抜かないようにします。 確認が終わった後には売り主と買い主が契約書に署名捺印を行い、契約締結と言うことになります。

-住宅, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.