終活準備 冠婚葬祭

葬式にかかる費用と相場

葬式にかかる費用と相場

葬式に参列したことはあるが、実際に主催する側になることは人生の中で2,3度程度です。 そのために、その費用の内訳や相場をよく知らない人がほとんどいます。 葬儀会社が出しているプランは費用の中で半分程度になります。

 

 

葬式に関する費用は大きく分けて3つです。

まず、一番関心があるのが、葬式の系田尾になります。 家族葬にするのか、一般葬にするのかでも相場は全然違います。 祭壇の大きさなどでも費用は違いますが、ここで注意したいのがセットプランにはどこまでの物が含まれているかです。 例えば、遺体の保存性を高めるためのドライアイスは別料金なのか含まれるのかなどです。 意外とここの部分で、追加料金になることが多くあり説明のときに、よく確認をしておきます。 追加料金分は、何になるのかわからないと業者のいいなりになり予想よりも高くなる場合はよくあります

祭壇など以外にも費用はかかります

葬式の場合の、お花はセットされる分もありますが多くは親族などからのお供え物になり料金は別です。 また、忘れがちなのが通夜や葬式の当日来て頂く僧侶へのお布施です。 こちらの相場は、宗派により異なりますがわからないときは葬儀会社に相談すると教えてもらえます。 お布施とお車代を、合わせると約30万円以上はかかります。 これに、戒名料をプラスします。このように、セットプラン以外にも大きなお金が必要になります。 最近は、手軽な僧侶を派遣してくれるサービスがあります。 ネットから依頼ができ、料金も10万円以内でできます

葬式後には、飲食接待費がいります

通夜の後も、簡単なおもてなしをしますが式が終わり火葬場から帰宅すると、今は初七日も同時に行います。その際に、親族などに料理やお酒でもてなします。この費用が人数かける金額になりまたそれに飲み物代が必要です。こちらは、事前に予約が必要になるので人数の確認を忘れずにします。 そして、これだけではなく、香典を頂いた方にはそのお返しの費用もいります。 お返しの時期は、四十九日が終わる頃とされています。 相場は、香典の約半分程度の金額になりますが、これには送料も含めて考えるとわかりやくなります。

このように、葬式と言ってもやるべきことはたくさんあります。 目安は、葬儀会社のセットプランの約2倍くらいと考えておくと予想がつきます。 一番予想ができないのが、来て頂く僧侶へのお布施です。 心当たりがないときには、ネットの僧侶派遣が手軽で格安にできます。 わからなくて当たり前ですが、葬儀会社がサポートしてくれます。

-終活準備, 冠婚葬祭
-

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.