探偵事務所 浮気調査

夫、妻の浮気調査にかかる費用は?

最近、夫の帰宅時間が遅くて怪しい」「妻の外出が増え、浮気をしている可能性がある」など、夫、妻の浮気を疑い不安な人も少なくないのではないでしょうか。探偵による浮気調査をおこなえば、浮気の有無を確認でき、不安もなくなる可能性があります。

しかし、「浮気調査を頼みたいけど費用はいくらぐらいかかるの?」「どんな費用がかかる?」「費用が安い場合は何かデメリットがある?」など、料金面に対して疑問を持っている人も多いことでしょう。

そこで今回は、夫や妻の浮気調査にかかる費用や相場、安い場合のデメリットなどについて紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、浮気調査に係る費用について把握ができ、安心して利用しやすくなりますので参考にしてください。

 

浮気調査の料金の決め方

ここでは、浮気調査の料金を決めるために、料金体系の種類や特徴、決め方などについて見ていきましょう。

3つのパック

浮気調査の料金体系は大きく以下3つに分けられます。どの料金体系を選ぶかで調査時間や料金も変わってきます。

  • パック制
  • 時間制
  • 成果報酬型

それぞれで特徴が異なるため、しっかりと内容について把握しておきましょう。そうすることで、無駄のない調査を依頼でき、費用対効果を高めることにもつながります。

パック制

パック制とは「20時間25万円」というように、時間と料金があらかじめ決まっている料金体系のことです。長時間になるほど1時間あたりの料金が割安になっており、追加料金がかからないのも特徴です。パック制を利用する場合は、あらかじめ探偵と調査期間について打ち合わせをし、パック制の時間に収まるかどうか確認をしておきましょう。

時間制

時間制とは、「1時間6,000円」というように、1時間あたりの費用が決まっている料金体系のことです。ただし、調査は複数人でおこなう場合は人数分の費用がかかります。算出方法は「1時間あたりの料金×調査時間×人数+諸経費」です。また、これらに加えて調査で使用した交通費がかかってきます。

成果報酬型

成果報酬型の料金体系は、浮気調査が成功した後に費用を支払うものです。基本的には依頼をする際に費用の2割〜3割となる着手金を支払い、成功した場合に残りのお金を支払います。ただし、着手金なしで成功後に全額を支払う完全成果報酬型もあります。

調査内容を考慮して決めることが大事

3つの料金体系について紹介しましたが、浮気調査の内容や期間、予算などを考慮したうえで決めることが大事です。短期間で完了するようであれば時間制、長く時間がかかりそうな場合はパック制、成功する可能性が低い場合は成果報酬型など、さまざまな選び方ができます。

まずは、自身でシミュレーションをして料金を決めるようにしましょう。また、探偵に相談する場合は、浮気調査対象者の情報や目的をしっかりと伝え、適切な料金体系や予想金額を確認するようにしてください。

そのうえで、調査を実施するか否か、その業者に依頼するかどうかを最終決定します。

 

浮気調査の費用の相場

 

浮気調査を依頼するといくらくらいかかるのか気になるものです。相場がどれくらいか知っておけば安心して依頼できるようになります。

ここでは、浮気調査の料金相場について見ていきましょう。

相場は15万円〜50万円程度

上記のような料金体系がありますが、「浮気調査にかかる費用の相場は15万円〜50万円程度と言われています。ただし、調査内容や期間、調査員の人数などによって大きく変わりますので、あくまでも参考として覚えておくといいでしょう。

 

浮気調査の費用の内訳

浮気調査には調査費用成功報酬金経費手数料の大きく4つの費用がかかります。それぞれの費用の詳細について紹介していますので、一つひとつ確認していきましょう。

調査費用

調査費用とは浮気調査にかかるメインの費用のことです。具体的には以下のような料金で構成されています。

  • 着手金
  • 人件費
  • 延長費
  • 危険手当
  • 深夜早朝割増手当 など

着手金が必要な業者もありますし、成功報酬型であれば用意しておかなければなりません。また、当初の予定よりも延長して調査をおこなう場合は延長料金がかかりますし、調査人員の人数分の人件費もかかります。

浮気調査をする場所・時間によっては、危険手当や深夜早朝割増手当なども負担しなければなりません。

成功報酬金

成功報酬金とは成功報酬型で浮気調査をした場合にかかる費用のことです。事前に費用の2割〜3割の着手金を支払っている場合は残りのお金、完全成功報酬型の場合は全額のことを指します。

経費

浮気調査の費用の1つに経費があります。経費には、具体的には以下のようなものがあります。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 有料施設利用料
  • 機材費
  • 通信費 など

調査にあたり、バスや電車を利用すれば交通費がかかりますし、遠方まで調査する際は宿泊費も必要です。浮気現場を押さえるためにカメラやビデオなどの機材も用意しなければなりませんし、電話代やインターネット料金、コピー代など、さまざまな費用がかかります。

経費は調査費用に比べると大きな金額ではありませんが、事前にどれくらいの金額になるか相談時点で確認をしておきましょう。

手数料

手数料とは調査報告書作成にかけた費用のことです。調査報告書とは、浮気調査終了後に作成されるもので、対象者の行動や調査結果等が記され、撮影された写真も添付されています。

調査報告書は、もし裁判になった場合でも証拠として役立つものです。そこまで高くはありませんが、浮気調査の1つのコストとして調査報告書作成の費用もかかることを認識しておきましょう。

 

浮気調査の費用を安くした場合のデメリット

「できるだけ浮気調査費用を安く抑えたい」と多くの人が考えるでしょう。しかし、安ければ良いというわけではありません。なぜなら、費用にはさまざまな調査に係るお金が含まれているためです。そのため、安くすることで生じるデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるかを把握しておくことで、業者選びや費用面の見方も変わってきます。

ここでは、浮気調査の費用を安くした場合の主なデメリットについて見ていきましょう。

満足できる結果が得られない

浮気調査の費用を安くした場合のデメリットとして、依頼者が満足できる結果が得られない可能性があります。なぜなら、浮気調査にかかる費用は、人件費や手当金、交通費などのコストで構成されています。料金が安くなることは依頼者にとっては嬉しいことですが、調査に必要な人員や時間を十分にかけることができなくなります。

そのため、探偵側としても満足のいく調査ができず、依頼者が満足できるような結果を得ることが難しくなります。浮気調査費用が安いということは、それだけコストをかけた調査ができなくなるということです。

延長料金がかかる

浮気調査の費用を安く抑えた場合は、上記のように満足できる結果が得られない可能性があります。そして、「満足できる結果を得るために、延長をしてでも調査を続けてしまうものです。そのため、最初の料金は安かったとしても、結局はある程度の金額になっていることが少なくありません。

十分な浮気調査をおこなうために、延長料金を支払うことになる可能性があることを理解しておきましょう。

業者によっては追加料金が発生

浮気調査の費用を安くした場合のデメリットとして、途中で追加料金が発生することがあります。時間が足りずに延長料金がかかるように、十分な調査をおこなうため途中で「◯◯をするとなると、△△費用も追加になりますが…」というように追加料金が発生してしまいます。

事前にどのようなケースに追加料金が発生するのか確認をしておきましょう。

 

まとめ

今回は、夫や妻の浮気調査にかかる費用や相場、安い場合のデメリットなどについて紹介いたしました。夫、妻の浮気を疑っている場合は、プロの浮気調査を利用するのも1つの方法です。ある程度のコストはかかりますが、浮気の有無がわかり気持ちがスッキリする可能性があります。

浮気調査に興味がある人は、ここで紹介した費用や安い場合のデメリットなどを参考にして、早速動き出してみましょう。

-探偵事務所, 浮気調査
-,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.