ピアノ買取 中古買取

ピアノ買取額は調律が確実に行われていると高い

使用しなくなったピアノは、場所を取ることもあることから、売却を考えている人も多いものです。

状態によって買取金額が大きく変わりますので、できるだけ高額査定を引き出したいのであれば、しっかりと大切にされていたピアノであることを証明することが査定に有利になるため、調律を行うことがおすすめであるといえます。


そもそも調律とはどのような作業か

調律とはピアノの音程を正確に合わせるという作業です。毎日のように演奏に使われているピアノはもちろん、長期間使用されていない場合であっても、湿度の変化などによって微妙な狂いが生じてくるものです。

調律はその僅かな音程の乱れを正しく合わせる作業のことで、調律を行う人は調律師と呼ばれます。基本的には正確に合わせることが一般的ですが、演奏家の好みによってほんの少しのズレを敢えて出して、独自の印象を与える場合もあります。

大切に扱われているという証明

調律はもちろん無料ではありません。技術料や出張料などを含めて1万円から2万円程度の費用が発生するのが一般的です。しかし、その作業と同時にピアノの清掃や点検などといったメンテナンスも同時に行われますので、終了後には再び快適な演奏を楽しめるようになります。

ピアノを所有する場合には、通常は年に1回から2回この作業を行って、常に良い状態をキープすることが求められます。大切にしている人であればその費用も負担を感じることはないでしょう。しかし、その作業を行うことなく買ったままの状態で長年放置されているというケースも少なくないのです。

買取前にはきちんと調律を

買取業者はピアノの状態をさまざまな観点から判断します。もちろん最も重要なポイントは「」であることは言うまでもありません。プロの耳はそのピアノの置かれている状況がどのようなものかを聴き分けることができるのです。

そのために、買取査定を受ける前にはしっかりとメンテナンスを実施することをおすすめします。調律にかかった費用よりも査定額のアップ金額の方が大きくなるという場合もあります。

まとめ

ピアノ買取を検討している場合は、その状態によって大きく査定額が異なることを認識することが大切です。しばらく弾かないでいたという場合も、売却前にはピアノに恩返しをするという気持ちを込め、調律を行ってもらうことが良いでしょう。

また、査定額は買取業者によっても異なるものですので、一括査定サイトを利用すると便利です。インターネットで検索することをおすすめします。

-ピアノ買取, 中古買取

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.