法律事務所 債務整理

信用情報の内容と確認方法

信用情報は、金融業者が円滑に融資を行うために使用するデータです。信用情報機関によって管理されており、他社での借り入れに際しトラブルがあった場合、共通の情報として金融業者が閲覧します。事故情報が記載されている間は新規の融資を受けることは実質的に不可能となります。

 

 

内容は過去のトラブルを知るもの

信用情報では、本人を特定するための情報、過去の融資の契約内容、返済履歴、事故情報が記録されます。契約内容や事故の履歴については、完済日や手続きが行われた日から5年間、情報が消えることはありません。事故に関係する情報が残った状態をブラックリストに掲載された状態と呼んでいます。 金融業において、利用者の情報を調べる与信は融資の継続中も行われます。そのため事故発生後にそのままクレジットカードを使用していても、その後の与信時に利用が停止されます。 他にも融資の申し込みの履歴が約6カ月間、記録として残ります

信用情報の確認方法は非常にシンプル

信用情報機関は金融機関だけのものではなく、利用者が自分の情報を簡単に確認することができます。保存期間が5年間と長期に及ぶことから、事故の発生時期などを忘れているケースや、クレジットカードの審査に通らないことを不審に思うケースがあることから、確認を行う方は意外と多くいます。 確認方法としてインターネットや郵送、窓口での開示を受け付けており、本人確認書類と一定の手数料を準備すれば簡単に情報がわかります。申し込みの履歴も同時にチェックできますので、何社の審査に落ちているか、直近に融資を受けた時期などを知っておくと良いでしょう。

ブラックリストに掲載されているかも

融資に関する事故は小さなものでも漏れることなく記録されていきます。ここで注意しておきたいこととして、携帯電話料金の支払い遅延があります。 携帯電話各社では、機種変更の際、無利子で端末の割賦販売を行い、毎月の支払から端末代金を返済していくという方法をとっています。多くは24カ月で割賦が終了しますが、毎月の料金支払いが遅れた場合、割賦支払いの不履行と判断され、事故情報として掲載されてしまいます。概ね3カ月の延滞で掲載されると言われていますので、心当たりのある方は気を付けましょう。

普段の生活の中では気にも留めないものですが、クレジットカードの取得が思うようにいかないときや、キャッシングの申し込みを行う際にはチェックしておくと便利です。金融業者による与信の履歴も残りますので、状況を確認している業者を知ることができます。債務の履行はもちろん、どんな支払いでもなるべくスムーズに済ませておきたいものです。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.