法律事務所 債務整理

CRINの基本情報と使われ方

「CRIN(クライン)」は、簡単に言えば「信用情報機関同士の情報共有システム」です。それによってスムーズな信用契約が結べる状況になっているなど、しっかりと基本情報を把握しておくと不安の少ないシステムの活用が可能です。

 

 

CRINの成り立ちと目的を理解する

CRINに関する基本情報として、まずは「なぜこのシステムが作られたのか」を理解することが必要です。ごく最低限度の基本情報だけでも良いので、「どのようなシステムなのか」ということについてはしっかりと把握しておきましょう。 このシステムができた背景には、「信用契約審査における判断基準の明確化」が関係しています。現在ある信用情報機関3社間の情報共有システムのことを「CRIN」とよび、このシステムによって情報の共有がスムーズに行えるようになったことによって、スピーディな契約が実現しています。

CRIN設置以前の情報の使われ方

このシステムが設置される以前は、信用情報機関と呼ばれる仕組み自体が複数存在していました。たとえば、カードローン審査時には「希望者が過去に歩んできたローン取引の履歴」を参考にして融資を判断するために、それぞれが加盟している信用情報機関に情報照会を行って「可能な限りの情報」によって判断をしている状態でした。 しかし、この状況では加盟していない信用情報機関に保管されている情報については把握することができないため、「明らかなリスクがある相手に融資を行ってしまう」などの問題が起こりやすい状態でした。

現状におけるCRINの使われ方

しかし、現状は信用情報機関同士がCRINによって情報共有が可能になったため、不確定もしくは間違った情報によって融資の判断をすることが減っています。信用情報機関が併合して3社のみになったことも関係していますが、共有化が進んだことによるメリットはたくさんでてきています。 ただ、個別に把握している情報をすべて共有しているというわけではなく、あくまでも審査ならびに最終判断の材料として価値があると判断できる情報の一部のみを共有し、その情報を加盟企業に提供しているという状態です。

一消費者として「CRIN」について知る機会は少ないですが、このシステムを知っているかどうかで「審査突破の可能性」が変動します。以前のように、同じ情報を共有している選択肢を避けることが大切だということはもちろんですが、現状においてはそれ自体が非常に難しい状況であることをよく理解し、なるべくポジティブな情報を多く登録できるように意識しましょう。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.