中古買取 クルマ買取

事故車の価格はどこまで安くなるの?

事故車は価格が安くなることは避けられませんが、どれだけ安くなるかは状態によって変わってきます。 そのため、事故車だからと言って安くなってしまうのが当たり前と思わずに、極力正当に評価をしてくれる業者を見つけるのが大切です。

まずは事故車の定義を知るところから

事故車の価格はどれだけ下がってしまうのかということを考える前に、事故車とは一体どのような車のことかということを知っておくことが大切です。 普通の人はその名前の通り事故を起こしてしまった車と思うかもしれませんが、車買取の世界では事故を起こしただけでは、事故車とはなりません。 事故を起こしたあるいは事故にあってしまって車の重要な骨格部分に損傷を受けてしまった車が、事故車として扱われます。 他の言い方としては修復車、修復歴ありと表記される車がこれに当たるので覚えておくと良いでしょう。

どれだけ価格が下がるかは状態次第

重要な骨格部分に損傷を受けてしまった車が、どれだけ安くなってしまうのかというのは状態次第といえます。 事故と言っても程度がありますから、大破に近いような状態からほとんど影響はないもののわずかに骨格部分に損傷を受けてしまったというものでは、当然価値に差が出ることになります。 大破に近く直して乗ることも難しいようなものだと、使える部品や金属程度の価値しかなくなってしまいますし、逆に程度が良くて綺麗に直ったものであればそこまで大きな減額にならないこともあるので、全ては状態次第となります。

業者によっても評価が変わってくるので注意

事故車がどれだけ安くなるかは状態次第ですが、それに加えて業者の考え方でも変わってくるので、このような車を売るときには複数社から査定をしてもらうことが大切です。 業者の中には修復歴がある車は売りづらいので、程度に関係なく低く評価をするというところもあります。 あるいはその逆に状態の良い事故車を買取して安く販売をしているという業者もありますから、このような業者だとそれなりに高く評価をしてもらえるということになります。 そのため、事故にあってしまった車は高く評価をしてくれる業者を見つけるのがポイントです。

事故車の価格がどれほど下がってしまうかは、事故の程度にもよりますがかなり大きな損傷があったとしても部品や金属分の値はつきます。 気をつけたいのは比較的状態の良いもので、これは業者によって評価が大きく左右されやすいだけに事故にあってしまった車をできるだけ減額をおさえて売りたいのであれば、複数社から見積を取ることがポイントになります。

-中古買取, クルマ買取
-, , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.