探偵事務所 浮気調査

慰謝料まで請求できるのは不貞行為の証拠がある時

慰謝料まで請求できるのは不貞行為の証拠がある時

慰謝料まで請求できるのは、相手が不貞行為をしたという証拠がある時のみです。証拠がない状態で追及をしたとしても、客観的な証明ができないので意味がありません。そのため、疑わしい点があるときには証拠を掴むように努力する必要があります。

 

 

パートナーに疑わしい点がある時の対策

パートナーに、不貞行為をしているという疑わしい点があるときには、どのようにしてそれを証明すれば良いのでしょうか。一般の人は、いくら相手が自身の配偶者や恋人であってもその人を必要以上に調査をすることはできません。これは、プライバシーの権利を保護するための法律が存在するからです。プライバシーの保護は親しい間柄であっても適用されるものであるため、相手に疑わしいことがあったとしても独断で必要以上の行動はできません。そのため、疑わしい点があったときにはまず探偵事務所に対して相談することが大切になります。

なぜトラブル解決には探偵事務所が良いのか

なぜトラブル解決には探偵事務所が良いのでしょうか。それは、トラブルの原因となっている客観的な証拠を探偵が集めてきてくれるからに他なりません。不貞行為の場合、探偵は法律によって第三者を調査するための権限を与えられています。一般人が調査をするとプライバシーの問題で徹底的に調査をすることはできませんが、探偵の場合はさらに踏み込んで調査できるため、単純な尾行や素行調査だけではなく、周辺の聞き込みも行うことができます。調査の安全性が向上するので、専門家の探偵に任せたがほう良いのです。

探偵への依頼は慰謝料が欲しい人への対策

探偵への依頼は、慰謝料が欲しい人への対策であるとも言えます。原則として、日本は証拠主義を採用していますので、実際に本人が不貞を確認したとしても、それを物証で証明することができない限りは相手の罪を認めさせることができません。これは、民事の慰謝料であっても例外ではないため、不貞行為で慰謝料が欲しいときには必ずそれを証明するための物証が必要になります。探偵が取得した物品の法律的な能力は非常に高く、話し合いや調停だけではなく裁判でも利用できます。そのため、確実に慰謝料まで欲しい人は探偵に頼む方が効率的です。

慰謝料まで請求して実際にお金を貰うためには、本人だけの力だけではなくどうすることもできない事情があります。確かに請求だけならば誰でもできますが、請求した金額をそのままもらうことができるかどうかは別問題だからです。不貞行為があったときに、慰謝料まできちんと請求したい人はそのための準備を探偵を使って用意しておくことが大切です。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.