宅配クリーニング 結婚生活

宅配クリーニングと一般的なクリーニングの違い

宅配クリーニングと一般的なクリーニングの違い

忙しい現代人にとっては洗濯するのも一苦労です。残業で帰りが遅くなったり、仕事を家に持ち帰ることもありますと洗濯するのも容易ではありません。そのようなときに役に立つのが宅配です。一般的なものとの違いを理解して上手に活用するのが大切です。

 

 

一般的なクリーニングにも様々あります。

一般的なクリーニングと言いましても、二通りがあります。一つは店舗を構えてお客様を待っている形態です。この形態は個人のお店の場合もあればチェーン店の場合もあります。さらに細かく分けるなら直営店のケースとフランチャイズ形式のものがあります。どちらにしましてもチェーン店の場合は洗濯をしているのが店舗ではなく工場という点が同じです。 二つ目は車で御用聞きのように定期的に巡回している形態です。これも個人商店とチェーン店がありますが車でお客様のお宅を回り洗濯物を集めていく形式です。

宅配クリーニングのメリットとデメリット

宅配クリーニングは読んで字のごとく家にいながら洗濯物を受け取れるシステムです。一般的なものにも家を巡回する形態がありましたが、宅配との大きな違いは洗濯物を取りに来る人の属性です。一般的な場合は洗濯業に従事する人ですが、宅配の場合は配送業者が集配にきます。つまり、宅配クリーニングの配送業者は洗濯に関して全く関知していないことになります。ですので、洗濯に関して質問があっても業者に直接行うことはできないことになります。 そこに不安を感じる人もいますが、一回利用して慣れてきますと不安は解消されるようになります

宅配クリーニングの洗濯以外のサービス

一般的なクリーニングと宅配で決定的に違うのは長期保管サービスと言えます。これは洗濯したものを長期間預かるサービスです。お金持ちの家に生まれたなら広いクローゼットがあり、洋服を置く場所に困ることはありませんが、普通の家に生まれた人はせっかく買った洋服でもしまう場所にこまることがあります。 そのようなときに宅配は役に立ちます。洗濯に出した洋服をそのまま預けておくことができるからです。例えば、季節の変わり目には衣替えを行いますが、長期保存サービスを利用するならその必要もなくなります。便利なサービスです。

一般的なクリーニングしか利用したことがない人にとっては宅配クリーニングという「顔が見えない」サービスに抵抗感があるのも頷けます。 誰でも「顔がわかりません」と不安になるものです。ですが、一度利用しますとその便利さが病みつきになります。なにしろ自宅にいながら洋服をクリーニングに出したり受け取ったりできるのですから、とても便利なシステムです。

-宅配クリーニング, 結婚生活
-, , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.