終活準備 ダイエット

ホットヨガのデメリット

ホットヨガって知っていますか?
普通のヨガではなく、筋肉が伸びやすい
高温多湿のところでヨガをするアレです。
ダイエット効果があったり、むくみが取れるという噂ですが
デメリットはないのか、不安になりますよね?

ヨガしている人

まず、高温多湿のところで体を動かすと具合が悪くなるのではないかと心配になる人もいると思います。
夏に体を動かすとしんどいので、その疑問も分かります。
この不都合をなくすためには、水分補給が必要不可欠です。
何がなくても水分補給です。
ホットヨガと水分補給は切っても切れない関係だと思っても大丈夫です。
水分補給をしなければ、ホットヨガはデメリットだらけです。
ホットヨガでは、汗が大量に噴出します。
替えの下着を持って行かないとダメなくらいです。
体中の水分が出たんじゃないかと感じるくらい汗が出ます。
そんなに汗をかくのに、水分補給しないと干からびてしまいます。
息切れや眩暈、吐き気や動悸となり人命に関わるのでちゃんと水を飲みましょう。
ホットヨガのスタジオでも『水分補給してください』ときちんと言ってくれます。
そのタイミング以外でも水を飲みたくなったらすぐに飲んでください。
他にデメリットとなりえるのは、温度変化による体調不良ですね。

俗にいう、クーラー病(冷房病)です。
人は極端に温度の違う環境を何度も行ったり来たりしていると、
発汗を促す自律神経が乱れてしまい、
体温調節ができなくなったり、汗をかけなくなったりします。
ホットヨガではそういう可能性もあります。
ですから、ホットヨガのスタジオでは一日に受けられるレッスン数が決まっています
インストラクターも1日に2レッスンくらいが限界だと思います。
それを守っているようなスタジオなら安心して通うことができそうです。
それでも、具合が悪くなる人もいるようですので、ホットヨガ中は自分の体の異変と常に向き合うことが重要だと考えられます。
息苦しい、心臓がバクバクする、頭が痛いこれらは高温多湿の環境で行っている運動なので当然と思われがちですが
もしかしたら、体からのSOSかもしれません。
ちゃんと水分補給と塩分補給を行い、休憩をとることも大事です。
慣れないうちはポーズをとることに真剣になってしまい、体のこうした変化に気づけずに体調を崩してしまうことがあるのかもしれません。
それが一人歩きをしてホットヨガは怖いものだという印象に繋がるのかもしれません。
あともう一つですが、ホットヨガは日常よりも筋肉が伸びやすくなるので体が柔らかくなったように感じて、少々無理をしすぎてしまう人もいるようです。
それで筋を痛めてしまっては本末転倒ですから、
初めのうちはゆっくりやることも念頭に置かなければいけません。
自分の体の不調に向き合うこと、無理をしないことでホットヨガのデメリットはほぼ解消されます
デメリットを差し引いて余りあるメリットがあるので
一度体験してみることをおススメします。

-終活準備, ダイエット

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.