引越し 婚活準備

アパートの敷金の残金は返還されるもの

引越しの時にかかる費用について計算をする時、敷金の残金が返還されるということも考慮にいれておきましょう。基本的には、契約時に入れたお金が全額返還されてきます。アパートの壁に傷がついている場合などには、引かれてしまうこともあるので注意をしておきましょう。

礼金は戻ってくることがないお金

アパートを契約する時、ほとんどの場合に敷金を入れていたと思います。アパートの家賃が5万円なら、敷金が2か月分の10万円、礼金も同じく10万円を支払うのが一般的です。最近では礼金がなしだったり、1か月分に抑えられていたり、新規でかかってくるコストが低くなっていることも増えています。人口が減少している中、アパートの物件数が過剰にあるということが1つの理由となっています。礼金は戻ってくることがないお金なので、コストを節約したいならなるべく礼金なしの物件もしくは1か月分となっている物件を選ぶべきでしょう。

基本的には残金はそのまま残っている

保証金のような性質を持っているものですが、よほどのことがない限りは使われることはありません。例えば、家賃を滞納したからといって、「今月分の家賃が払えないので入れていた10万円の敷金から引いてください」などと言っても認められません。いざという時のための保証金なので、家賃にあてられることは原則としてないようです。そのため、基本的には引越し時には契約時に入れた金額がそのまま残っています。10万円を入れていたなら、その金額がまるまる戻ってくると考えられます。しかし、引越し時にはそのお金は使えないことも多いです。

返還がされるタイミングはいつ?

敷金が返還されるのは、退去をした後になります。ケースバイケースですが、退去をした翌月くらいに指定した銀行口座に振り込まれるということが多いようです。不動産会社によって扱いが異なるので、あらかじめ聞いておきましょう。退去をした後も、部屋の中に不用品が残っていたり、近くの空き地にゴミが捨てられていたり、トラブルになることもあるので、基本的には退去が確認された後でないと戻ってきません。実際に振り込まれるのは1ヵ月後くらいになりますが、金額については退去の時にわかります。なにも問題がなければ、全額が振り込まれることになるでしょう。

引越しの時には、返還されてくるお金についても考慮に入れておきましょう。壁に傷がついていたり、設備が壊れていたりすると、戻ってくるお金が少なくなってしまいます。引越しの時に家具や電化製品を運んでいる時に壁についてしまうということも多いので、気をつけて運搬をすることが大切です。引越し業者のスタッフにすべてまかせるようにしておいたほうが安心できます。

-引越し, 婚活準備
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.