AGA治療 婚活準備

育毛剤を使うなら医薬品に指定されているものを

近年、医療現場で処方される薬と同じ成分を使った市販薬を第一類医薬品として区別し、薬剤師による商品説明を受けないと買えないようにしました。

それだけ薬効成分があるということで、そうでない医薬品や化粧品よりも効果が期待できます

まずは自分でできる対策を考える

薄毛の悩みは、男女を問わず深刻なものとなります。自分に自信が持てなくなり、事の発端は薄毛であるにもかかわらず、その他の面でまで自信喪失につながるなど、メンタルに及ぼす影響が非常に大きい悩みとなりえます。

昨今は医療機関に行って治療を受けるという選択肢も生まれてきていますが、まずは自分で何とかできないだろうかと考える人が大多数でしょう。そのときの選択肢として育毛剤が浮かぶのは、ごく自然な流れであり、手に入れやすさからも妥当な判断だといえます。

ドラッグストアに行けば、たくさんの商品を手に取って見られるでしょう。

ドラッグストアで買える育毛剤にある違い

医療機関で薄毛の治療ができるようになったものの、まずは自分で対策ができないかとは誰もが思うことです。そのため、ドラッグストアに行って育毛剤を買おうとする人は多いでしょう。

けれど、行ってみると医薬部外品がお手頃な値段で売られているのに対し、非常に高価な育毛剤があることに気づきます。こちらは第一類医薬品という分類になっており、商品は薬剤師から手渡される仕組みになっています。

その理由はただ一つ、医療機関で処方されるのと同じ、高い有効成分を含んだものになっているため、薬剤師の説明なしには使ってはいけないことになっているからです。

どちらを選択するかは人それぞれ

初めて育毛剤を使う場合、まずは手ごろな値段の物からという考え方をする人もいれば、これ以上ひどくならないように最初から薬効成分の高い第一類医薬品を使おうと考える人もいるでしょう。

どちらを選択するかは人それぞれですが、せっかく使うのなら薬効成分があるものを選んだ方が、薄毛解消の可能性は高まるといえます。値段は高いものの、医療機関に行くのはためらわれるという人なら、思い切って第一類医薬品を試してみるといいでしょう。

薬剤師の説明はそれほど込み入ったものではなく、一度買えば二度目からはすぐに販売してくれます。

まとめ

育毛剤には医薬品とそうでないものがあるとわかった以上、より高い効果を求めるなら医薬品という選択が妥当です。けれど、そこは人それぞれ考え方の違いもあることから、順を追って試していくのもいいし、いきなり最上級の選択をするのもよしです。

-AGA治療, 婚活準備

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.