法律事務所 債務整理

過払い金請求に必要な書類や手続き

過払い金請求はそれほど難しい手続きではないので、個人ですることもできます。弁護士に依頼をしたらすべて代理人としてやってくれますが、個人でやる場合には必要になる書類や仕組み、デメリットについて知っておく必要があります。

過払い金請求をする時の流れを確認

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、いずれの方法をとるにしても過払い金がある場合にはまずはそれを精算します。弁護士に依頼をしたら、取引履歴開示請求からすべてやってくれます。 個人で過払い金請求をする場合には、まずは自分で取引履歴開示請求をする必要があります。取引履歴が自宅に届いたら、次は過払い金の計算をすることになります。計算ミスがあっても業者は指摘してくれませんので、しっかりと間違いのないように計算をしておきましょう。計算だけを専門家に依頼することも可能です。

過払い金請求は弁護士に依頼するべき?

過払い金請求をしたら、過去に払いすぎたお金が戻ってきます。100%の過払い金を取り戻すためには多くの場合に裁判までやる必要があるので、その場合には弁護士に依頼をしたほうが良いでしょう。過払い金の金額が少額ならば個人でやってしまうのも有りです。 もしも過払い金を精算してもなお借金が残ってしまう場合には、その後は債務整理となります。任意整理となるケースが多いですが、個人再生や自己破産になることもあります。 過払い金請求をやるだけなら基本的にデメリットは存在しませんが、債務整理をやる場合にはデメリットもあります

過払い金請求や債務整理のデメリットとは?

債務整理をする時の大きなデメリットは、ブラックリストにのってしまうということです。任意整理では裁判所を通さず、交渉のみで借金を減額することになるので、ブラックリストにのらないケースもあるようです。基本的には、5年間ブラックリストにのってしまうと考えておきましょう。 個人再生と自己破産では裁判をやることになるので、必ずブラックリストにのってしまいます。過払い金請求をしてもなお借金が残ってしまうケースでは、弁護士に相談だけでもしておき、債務整理になる可能性があるかどうかを確認しておくことがおすすめです。

過払い金請求の仕組みについてきちんと理解をしていれば、その後債務整理になるのかどうかがわかります。しかし、法律的な問題も絡んでくるので、なるべく弁護士に相談だけでもしておいたほうが確実でしょう。まずは過払い金の計算を自分で簡単にやってみて、借金がどのくらい残るのか、債務整理が必要になるのかどうかといったポイントについてチェックしてみましょう。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.