お肌ケア 美容

乾燥度合いに合わせて化粧水を生かす

乾燥度合いに合わせて化粧水を生かす

乾燥の肌の化粧水の選び方のポイントとは?

お肌の水分も油分も少ない状態である乾燥肌は、毛穴の詰まりなどの肌トラブルが引き起こしやすい状態となっています。

 

ケアをしないで放置してしまいますと、小じわやくすみなどを引き起こすこともありうるので、適切なスキンケアを行うことが必要です。

 

そこで基本とも言えるのが、化粧水を使用したスキンケアです。では、どのような化粧水を選ぶと良いのでしょうか?

 

乾燥肌の化粧水は次の点を意識して選ぶと良いでしょう。

 

1、高保湿のセラミドが配合されている化粧水を選ぶこと。

乾燥肌の度合いが高いのであれば、高保湿成分「セラミド」が配合されている化粧水を使用をおすすめします。乾燥肌の方は、水分はもちろん、保湿成分を補うことがとても重要です。保湿成分にはさまざまなものがありますが、セラミドは湿度が異なっても保湿力の効果が変わることないので、最も効果的な高保湿成分と言えます。

 

セラミドにはいくつかの種類がありますが、その中でも1・2・3と後ろに数字がついている「ヒト型セラミド」配合の化粧水がお肌にやさしいので、特に乾燥肌でお肌の状態がデリケートになっている方におすすめです。

 

2、肌の乾燥が軽度なら、保湿力とその効果で化粧水を選ぶこと。

セラミドは保湿成分の中でも高価な成分です。ですから、軽度の乾燥肌の方や、季節により肌が乾燥するという方には、セラミドの次に高保湿で価格が若干安い「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」などが配合されている化粧水を使用することがおすすめです。

 

3、刺激となる成分が含まれていないか確認すること。

乾燥肌は肌が非常にデリケートな状態となっています。ですから、肌に刺激を与える成分が含まれている化粧水は避けたいものです。配合量が少量なら問題はあまりありませんが、配合量が多かったり、乾燥肌が重症な方の場合、刺激が強すぎることで肌トラブルが悪化する恐れがあるので、注意が必要です。

 

では、どのような成分を避ける必要があるのでしょうか?アルコールやエタノールが成分として配合されているものは、肌に必要とする水分まで奪ってしまうので、できるなら限り避けるようにしましょう。

 

また、ハーブや花などの天然香料でも刺激となりますので、可能なら無香料のものを使用することをおすすめします。

 

気をつけたいのは、ビタミンC誘導体には皮脂の抑制作用がありますので、乾燥を悪化させる要因となりうることも考えられるので、この成分が含まれているものも避けるようにしましょう。

 

これら3つの点に注意して化粧水を選ぶようにすると良いでしょう。それでも、乾燥肌には個人差がありますので、どんなに肌に優しい化粧水であっても合わないこともあるため、化粧水選びはなかなか簡単ではありません。

 

心配な方は、お顔に使用する前に腕などでパッチテストをすることなどで、より自分にあった化粧水を見つけることが可能になります。

記事作成者

白石結

美容が趣味の主婦です。美容グッズを集めたり使用したりするのが趣味です。
いちご鼻については、自分でも悩んでいて、色々調べて改善できましたので
その体験を皆様にもお伝えしたいと思いサイトを作りました。
よろしくお願いします。

-お肌ケア, 美容
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.