歯磨き 美容

ホワイトニング歯磨き粉の効果と仕組み

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果と仕組み

口元は意外と人に見られる部分であり、口元の清潔感は相手への印象にも影響してきます。綺麗で自然な白い歯を保つためには日頃からのケアが大切で、ホワイトニング歯磨き粉の使用が有効です。自宅で手軽にケアできるため、利用しやすい方法でもあります。

 

 

歯を白く保つことの必要性について

営業の担当者やお得意様と会話をしている時、相手の視線はどこに向けられているのでしょうか。強く意識せずとも、何となく目元や口元に向けられていることが多くあります。意外に思われるかもしれませんが、実は口元は、目元の次によく見られる部分なのです。よって、相手の第一印象へ大きく影響する口元は、常に清潔感を保つ必要があります。そこで大切なことは、日頃から口元のケアを欠かさないことです。どんなに髪や服装を整えていても、歯が黄ばんでいては清潔感や魅力が損なわれてしまい、非常に勿体ないことになります。

ホワイトニング歯磨き粉の仕組みとは

一般的な歯磨き粉が歯の汚れを落とす効果を持つのに対し、ホワイトニング歯磨き粉は歯を白く保つ効果を持っています。その仕組みとしては、主に研磨剤タイプと漂白剤タイプの2つがあります。研磨剤タイプは、歯の表面を磨きながら削ることで着色汚れを落とします。成分欄に清掃剤と記載があればこのタイプで、シリカや炭酸カルシウムなどの成分がよく使用されます。漂白剤タイプはポリリン酸や過酸化尿素といった成分が使用されており、歯の奥深くまで成分が浸透することで着色汚れを無色化し、内側から白い歯に仕上げます

ホワイトニング歯磨き粉のメリット

歯のホワイトニングと言えば歯科での処置が思い浮かびますが、ホワイトニング歯磨き粉を利用すれば、歯科に通院せずとも自宅だけで歯のケアを行えます。日頃から歯の黄ばみなどの着色汚れを改善、予防することができ、清潔感のある口元を保てます。また、歯科でのホワイトニングの場合、短期間で不自然なほど真っ白な歯になることがありますが、自宅でのケアであれば効果も緩やかで、自然な白い歯に仕上げてくれます。更には、使用する種類によっては口内環境を清潔に保つ効果を持つものもあり、トータル的なケアが行えます

日頃からの口元のケアに、ホワイトニング歯磨き粉は有効です。研磨剤タイプと漂白剤タイプの2種類があり、それぞれ使用される成分や歯を白くする仕組みが異なります。とは言え、メリットばかりではありません。中には効果が出るのに時間がかかったり、研磨成分が強すぎるものを頻繁に使用すると歯がどんどん削られてしまうこともあります。そのため購入の際は、成分を比較したり必要な時だけ使うなど、上手く活用しましょう。

-歯磨き, 美容
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.