探偵事務所 浮気調査

浮気の証拠に必要なのは不貞行為

浮気の証拠に必要なのは不貞行為

浮気をしている場合は、たいていの夫婦は破たんしていると考えて間違いないでしょう。浮気公認の夫婦でない限り、たいていは浮気がばれた段階で別れや離婚が訪れます。そこで、どの段階を浮気というのか、また慰謝料請求が認められる場合には何が大事なのかを説明していきます。

 

 

慰謝料請求をする場合には証拠が大事

結婚している夫婦の間でどちらかが浮気をした場合は、十分な離婚原因になります。相手方が拒否をしていても、浮気の証拠さえあれば離婚することは可能になります。また、慰謝料請求をすることも可能です。 このとき問題になるのが、裁判になった場合です。裁判になった時、慰謝料請求をする場合は確実な証拠を必要とします。この場合、どの行為までしたら明確に浮気といえるかです。一般的には不貞行為を行えば浮気になります。裁判で勝つためには不貞行為があったことを証拠として持っていることが大事です。

どこまでが不貞行為と言えるか問題

不貞行為の証拠をそろえるといっても、どこまでが不貞な行為と言えるかが問題になります。例えば道端でキスをしたり、ただ食事をしている場合はそもそも不貞な行為とは言えないでしょう。もちろんそれでも別れの原因になるかもしれませんが、裁判で争ってもまず勝つことはありません。 不貞な行為と言えるためには、性的行為があることが大前提になりますが、必ずしも挿入までは必要ありません。口淫の場合も不貞な行為と認定されています。つまり、見方を変えれば風俗に行くだけでも離婚の原因になり、その写真があれば裁判で慰謝料請求をすることが可能です。

裁判で勝つには価値ある証拠を手に入れる

実際に裁判をするとなった場合、慰謝料請求をするだけの写真や動画などが必要になります。ただ、明らかに明確なものでない限りなかなか慰謝料請求に結び付かない可能性もあることに注意が必要です。どのレベルまで証明することができれば訴訟で勝つ可能性があるかといえば、明確に行為に及んでいる写真や動画などです。 ただ現実的に、そこまでの写真や動画を手に入れることはかなり難しいでしょう。そこで、行為に及んでいるところでなくても、ラブホテルに入る写真を何日分か連続で撮るなどすれば、裁判に勝つことは十分可能になります。

夫婦の間で浮気をしていることが疑わしい場合、証拠をつかめば慰謝料請求をすることができます。その時は、必ず不貞行為が行われたものと第三者がわかるものでなければいけません。ここで言う不貞な行為とは、口淫も含みます。 ただし、実際に行為に及んでいる写真や動画をとることは難しいので、ホテルに入る写真を何日分かと撮ることができれば、裁判に勝ち慰謝料請求が可能でしょう。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.