探偵事務所 浮気調査

浮気調査の最終目的は証拠写真を集めること

いくら疑わしい状況証拠が数多くそろっていても、決定的な証拠がなければ相手の浮気を問い詰めることはできません。

探偵に依頼すれば、決定的な証拠写真を掴んできてくれます。

それが、浮気の動かぬ証拠となるからです。

浮気調査の最終目的はどこにあるのか

興信所や探偵事務所に浮気調査を頼んだ場合、探偵たちはあることを最終目的にします。

それが、浮気現場の写真を撮影することです。浮気相手と二人でいるところを撮影することで、二人に接点があることを証明できますし、そこに写る二人の様子が男と女の間柄であることを示す、親密なものであればあるほど、浮気の動かぬ証拠となります。

決定的な証拠写真を撮ること、それが浮気調査を依頼された際に探偵たちが目指すゴールであることを知れば、調査を依頼した以上は何らかの写真が持ち込まれ、それを見る必要に迫られるという心の覚悟をすることを意味します。

覚悟を決めて依頼することが大事

浮気をしているのかもしれないと思っても、心のどこかでそんなことはないと信じたがっている自分がいるでしょう。けれど、浮気調査をする時点で、その考えは捨て去った方がいいといえます。

もしかしたら調べても特に怪しいことはなく、取り越し苦労だったという結果になるかもしれませんが、もっとも身近なところで生活しているパートナーがおかしいと感じるとき、浮気をしていることはほぼ確実でしょう。

その浮気の決定的瞬間を撮影すべく、興信所や浮気調査会社は仕事をしますから、証拠写真を目にすることになるのは避けようがありません。

証拠写真を手に入れてからの行動

決定的な証拠写真を掴むまで、浮気調査が終了することはありません。そのため、ほぼ100%に近い確率で、浮気現場の証拠写真を目にすることになるでしょう。その時が来たら、自分はどうしたいのかをはっきり決めておくことが大事です。

感情に任せて相手を非難しても、逆切れされて泥沼化することもあり得ます。浮気しているとわかったら、それなりの慰謝料を支払ってもらって別れるといったことを淡々と自分なりに決めて、冷静に話を切り出すことが大事です。

その際の動かぬ証拠となるのが、浮気調査によって手に入れてもらった証拠写真になるのは間違いありません。

まとめ

浮気調査を依頼するということは、探偵から浮気の現場を撮影した証拠写真を突き付けられる瞬間が来るということを意味しています。その時にどのような対処をするかも考えて、調査依頼をすることを考えておくことが重要です。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.