引越し 婚活準備

引越しのよくある失敗を解決する一括見積サイト

訪問無しで簡単に済ませたいけれど訪問見積もりにも利点がある

引越しを経験した人が失敗したと感じていることってなんだと思いますか?
見積もりを取った時に安かったから引越しをお願いしたのに、追加料金を取られて、結局割高になってしまった
という人は、サービス内容を見積もりの人が説明しないで契約をしてしまった可能性があります。
数社に見積もりを頼んでいてもこのような事象は起きることがあります。
安さを売りにしている業者は契約を取るために安く見せかける技を使っているのでぱっと見では気付けないかもしれません。
同じような失敗に、キャッシュバックキャンペーンだというから頼んだのに、キャッシュバックを受けるためにいらないネット回線を契約しないといけなかった
キャッシュバックに面倒な手続きがあった、空調の取り付けが別料金でとても高かった、という失敗があります。
安いということだけを理由に引越しを頼んでしまったりするとこういうことが起きます。
一人暮らしだからといって訪問見積もりを断っていたりすると、思わぬところで段ボールが足りなくなったり、想定外に運び出すのに手間のかかる家具があったりします。
それが追加料金になってくるので注意したいところです。
他にも、本がたくさんある人もそのことを伝えておかないと、総重量が規定値を超えてしまい、もしかしたら2倍の金額を取られます。

お任せパックは多少値が張りますが、楽なので忙しい生活をしている人にはおすすめです。
自分で荷造りを済ませようとしたけど、当日までに間に合わなかった場合、それも追加料金の対象になってしまうからです。
お任せパックで注意したいことは、当日に新居で必要になるものがどの段ボールにしまわれたかわからなくなることです。
それは、自分で荷造りをする時にも注意したいポイントではあるのですが、当日に開けて使いたい日用品や文房具は、ひとまとめにしてわかりやすく箱に書いておくか、自分で運ぶのが得策です。
引越しを決める日にちにも注意が必要です。
毎日掃除していても、意外とゴミはたくさんあるので、ゴミの日を誤ってしまうと新居にゴミを持って行かなくてはならなくなったりします。
切迫して引越し業者を決めてしまうと、数社から見積もりが取れなくなったり、選ぶのに時間がかかったりして、結局引っ越し費用が高いところにお願いするしかなくなったりします。
失敗してしまう引越しはまず、電話から見積もりまでの対応の仕方で失敗を回避できていないのかもしれません。
一括見積のサイトを利用すると、そのサイトに載っている業者から、訪問見積もりをさせて欲しいという旨の連絡が来るかと思います。
気を付けるのはすでにこの時で、メールであれば定型文に名前を添えて送ってきたりいますが、その名前にミスがあった場合は、その業者には頼まない方が賢明です。
もしかしたら、自分のお客さんになるかもしれない相手の名前を間違えるのはあまりしてはいけないミスです。

どんなに口コミでいいことが書かれていても、評価が高くても細かいところに気が配れないのは、当日の作業にも不安がぬぐえません。

訪問見積もりでの注意点

電話だともっと顕著にその違いが現れます。
電話をしてくる時間や対応は、放蕩にその会社ごとに違ってくるので比較しやすいと思います。
このような電話は、実際に訪問見積もりをする営業担当が直接かけてくることが多く、忙しい業務中に仕方がないと思う時間にかけて来る人もいれば、明らかに遅すぎる時間に電話をしてきたり、かけてきたのに対応が適当だったりする場合には、検討から外すのがいいでしょう。
そして、訪問見積もりでの営業担当の対応の仕方も、業者を決めるうえでは大切な判断基準となります。
訪問見積もりの際によく起きるトラブルは、予定していた時間に来ないというものです。
事前に他の営業で遅れたなどの理由がある場合は別ですが、全然違う時間に来たり最悪来ないということもあります。
これは、メールでのやり取りがあった業者の場合、メール担当と営業担当の連携不足があったり、営業担当自身の予定管理の未熟さが露呈している場合もありますので、こうした業者は当日も時間を無視してくる可能性があるので危険です。
訪問見積もりに来た担当の清潔感や身だしなみにも気を配るといいでしょう。
他人の住宅にお邪魔することが前提なのに、清潔感のない恰好をしてくるのは失礼ですし、身だしなみを整えるのは接客業としては必須です。
そして、話の中で他社の批判や悪口ばかりを言ったり、万が一のことが起きた時の補償などの話をしないことがないかもチェックした方がいいです。
他社の批判や悪口ばかり言うのは、自分の会社に自信がないせいで、他社を貶めることで自分の価値を上げるという最低な行為です。

注意したい見積もり時のトラブル

そして、引越しには万が一がつきものなのにもかかわらず、万が一についての説明をしなかったり、はぐらかしたり、万が一が起きたことがないとはっきり言う場合は、保障をしてくれない会社である可能性が十分あり得ますので、選んではいけません。
訪問見積もりの際に、調子よくいろいろなサービスを付けると口でだけ言って、結局何のサービスもされないということはよくあることなので、見積書にきちんとその旨が書かれているかを確認してくれるかどうかもポイントになります。
引越しの業者を選ぶ際に、見積もり内容が大切であることはもちろんですよね。
引越しは、安くても1万円、高いときは10万円以上にもなりますし、引っ越し代金以外にも引越しの時には何かとお金が必要になります。
なので、引越しの値段は安ければ安いほどありがたいのですが、見積もりの時の金額の安さだけに捕らわれてはいけません。
一括見積のサイトを使っても、最後の業者の決定は数社に絞った中から自分で決めないといけません。
明らかに何万円もの差があれば決めやすいですが、多くの場合その差はわずかで、なかなか決まられないことも多いかと思います。
結局僅差で安かった方に引越しをお願いすることにするとして、見積もりには何が含まれているかをチェックしないで決めるのは早計です。
各業者ごとに当然そのプランは違ってきますので、何が含まれていて何がオプション扱いになってしまうのかをしっかりと見ないといけません。
同じような見積もりの金額でも、段ボールとハンガーケースが無料の会社と段ボールが一定数しか無料じゃない会社があります。

見積もりで確認しないといけないのは、段ボールやガムテープなどの資材が無料であるか、提示されている見積もりに追加料金が発生するのはどのような事態になった時かなど、見積もりに来てもらった業者全てに確認して記載して貰うことも忘れずに行うようにしないと、当日に言った言わないの水掛け論になりますので、確認して記載までお願いしてください。
さらに大切なのが補償についてです。
引越しはマンパワーで行われるものですので、人がやる以上絶対にミスがないとは言い切れません。
だからこそ、保障内容が重要となってきます。
保険などが基本プランになっている場合には問題ありませんし、安心してお願いすることができますが、
中には保険に入っていない業者もあるので、その会社で何かあった場合は誰も対応してくれません。大手の引越し業者は、保障に関してきちんと説明してくれますし、基本料金にも含まれているので安心ですが、
そうでない場合には、見積の段階で万一の補償はどうなっていますか?ときちんと聞いてください。
はぐらかしたり、うちのスタッフはミスしません。といった明らかなウソや誤魔化しをする業者は絶対に選ばないようにしてください。
後は、感覚的な問題になってしまうのですが、値段もサービス内容も補償もきちんとしている会社で迷った場合は、自分が好きな方を選ぶといいでしょう。
要するにフィーリングです。
経験則で、引越しの営業に来る営業担当と作業当日に来る作業員の雰囲気はそこまでかけ離れていることはありません。
体育会系の営業マンだった業者の作業員は体育会系ですし、柔らかい雰囲気の営業マンだった業者の作業員は柔らかい雰囲気でした。
同じ会社で採用されて、職種は違っても同じ社訓で仕事をしているので、その雰囲気は似てしまうのかもしれません。
ですから、営業に来た担当者と生理的に合わない場合は、当日の作業員にも何かしら引っ掛かりができてしまうかもしれないので、フィーリングで決めるというやり方もあながち間違いではない気がします。
自分の荷物をお任せできる業者をきちんと選ばないと、満足のいく引越しにはなりません
値段だけではない価値のある引越しにするために、きちんと比較して自分で決めていきましょう。

-引越し, 婚活準備
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.