終活準備 冠婚葬祭

遺書や遺言を確認すべきタイミング

遺書や遺言を確認すべきタイミング

遺産の相続割合は法律によって決められていますが、遺言書があればそれにしたがって分割しなければなりません。しかし、その確認方法やタイミングを誤ると法的効力を失ってしまいます。きちんとした手順で確認することが大切です。

 

 

存在の有無を遺産分割前に調べることが大切

被相続人が亡くなられた時にできるだけ早く確かめておきたいことが存在の有無です。というのも、必ずしもその存在が明らかであるとは限らないからです。急逝された場合などは遺言書があることを伝えることができないことのほうが多いでしょう。被相続人同士で話し合い遺産の分割方法について合意が取れたとしても、その後に見つかった場合は1度決めた遺産分割については白紙に戻して遺産分割をやり直す必要がでてきます。ですから、その存在を知らされていない場合でも存在の有無を確認しなければなりません。

遺言書の種類と確認のタイミング

遺言書には公正証書として作成されたものと本人が自筆で作成したものの2種類があります。さらに、自筆作成のものには封印があるものとないものがあります。この内、公正証書は原本が公証役場に保管されているために、すぐに確認することができます。 一方、自筆で書かれたものは被相続人が勝手に開封することはできません。封印がないものは家庭裁判所に検認してもらう必要があります。封印があるものは相続人や代理人が立ち会い開封することはできますが、やはり家庭裁判所の検認が必要です。これは特定の相続人に有利なように偽造されることを防ぐためです。

遺書は遺言書とは似て非なるもの

ところで、故人の気持ちを残された人たちに伝える文書として遺書がありますが、これは同じ残された言葉であっても全く違うものです。遺書とは自分が死ぬことが前提に書かれるものです。残された家族への思いなどが綴られたもので、決まった形式はなく法的な効力もありません。一方、遺言書とは自分が遺す財産を誰にどのように分けるかをきめて作成された文書で、決められた形式があり法的な効力がある文書です。開封の方法やタイミングを誤ると法的効力を失うこともあります。しかし、遺書はどのタイミングで開封しても問題ありません。

遺産相続の手続きは遺言書がある場合とない場合とでは異なります。また、それが法的効力を発揮するためにはきちんとした手順を踏まなければいけません。そのために、存在の有無、開封するタイミング、開封方法などは遺産分割する前に知っておく必要があります。知らなかったでは済まされないことですから故人の意思を大切にするためにも知識を身につけておきましょう。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.